Around The World 〜 ラズベリの部屋

洋楽三昧、ときどき映画&アート
Twitter: https://twitter.com/Raspberry_0429

ボブ・ディラン

ボブ・ディラン、ノーベル賞受賞講演(音源)


ノーベル文学賞受賞 ボブ・ディラン氏の記念講演を公開
 〜 NHK News Web  2017年6月6日


ボブ・ディラン、やっとノーベル賞の受賞講演「でも、歌と文学は違う」
 〜 ハフィントンポスト 2017年6月6日


ミネアポリス旅行の際、ディランの生まれ育ったダルース Duluth にも行きたかったのですが、時間がなくて行けませんでした。
次回は行くぞ!💪 プリンスが常連だったレコードショップ、Electric Fetusはダルースにも店舗があります。

有名な灯台
ダルース













 

ボブ・ディラン:ノーベル文学賞 受賞スピーチ


ディラン、ノーベル文学賞受賞の知らせを受けても "どこ吹く風" じゃなかったのですね。
圧倒されて、自分の詞は果たして文学と言えるのか、、シェイクスピアに想いを馳せながら考えていたのですね。

素晴らしいスピーチ原稿
謙虚さ、率直さ、アーティストとしての真摯な姿勢、知性、巧みな文章等、学ぶことが沢山あります。75歳の今でも "On the road"(ツアー中)なんですね。常に前進、挑戦する姿勢、好きです。

それにしても、アーティストってやるべきこと、考えるべきことが沢山あるのですね。雑事も含めて。

ボブ・ディラン、ノーベル賞晩餐会で代読されたスピーチ全文
 〜 Barks
ディランさん「創造的努力、シェークスピアのように」ノーベル賞受賞スピーチ(日本語訳全文)
 〜 日経新聞
全文掲載 ボブ・ディランのノーベル文学賞の受賞スピーチ
 〜 Rolling Stone

訳がそれぞれ違う。原文をチェック!
 
 「Bob Dylan - Banquet Speech
 〜 Nobelprize.org

ノーベル賞授賞式:パティ・スミスの「はげしい雨が降る」


ノーベル賞授賞式で、ボブ・ディランの名代としてパティ・スミスが「はげしい雨が降る」(原題:A Hard Rain's A-Gonna Fall」を披露。 
http://amass.jp/82074/

ディランがパティ・スミスに託したと聞いた時は興奮しました!パティは今年の来日公演も好評だったようですね。ちなみに、詩人でもあります。

元NYパンクの女王が歌うディランの曲をどうぞ。
感動しました。歌の力ってすごいですね。歌詞も素晴らしい。
続きを読む

12月10日(土) Nスペ『ボブ・ディラン ~ノーベル賞詩人の素顔~(仮)』


これは楽しみ!歌詞和訳の勉強にもなりそう。拡大解釈、深読みしないように気をつけないと。ボブ・ディランの研究者...いるのね。プリンスもいそう


Nスペボブ・ディラン ~ノーベル賞詩人の素顔~(仮)
 2016年12月10日(土) 午後9時00分(50分)より

反戦フォークの旗手、偉大な芸術家、今世紀最高の詩人・・・。
1961年、ケネディ大統領誕生に沸くニューヨークに現れた一人のシンガーは、アメリカの時代の精神を歌に刻みながら歩み続け、“生ける伝説”となった。今年ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン。

これまで、その謎めいた比喩や歌詞は、正確な意味をめぐって研究者の間でも解釈が分かれ、議論を呼び続けてきた。ボブ・ディランとは何者なのか。そして、詩に込められた真意とはどのようなものなのか。

今回、NHKはディランの秘蔵のメモやデモテープ、リハーサルを収めたフィルムなどの未公開資料を独自に入手。ひとつの歌が生まれるまでに、ディランがどんなまなざしで時代と向き合い、切り取り、詩へと凝縮させてきたのかを描いていく。その創作過程は、まさにアメリカの現代史そのものでもある。「受賞式は欠席」と伝えたあと再び沈黙を続けているボブ・ディラン。世界中が注目する授賞式の当日に、ノーベル賞詩人の知られざる素顔に迫っていく。

 

Knockin' on Heaven's Door


ボブ・ディランのハイレゾ体験無料イベント」@ソニービル
に行ってきました♪

良かったです。
特にこの映像に涙出そうになりました。プリンスのことが浮かんで...。

  ボブ・ディラン30周年記念コンサートでの
 「Knockin' on Heaven's Door (天国への扉)」


続きを読む

『現代思想 総特集ボブ・ディラン』増刷


2010年5月臨時増刊号が増刷されたようで、購入しました。

公民権運動、ウーマン・リブ、ベトナム戦争、80年代の経済低迷、9.11など、激動の時代を生き、曲にしたボブ・ディラン。 これは読み応えありそう!

ロックの桂冠詩人
わっ、掲載されてる英詞難しい。上級レベルだわ。 

これは、、明らかにプリンスの時より内容が濃いかも。。様々な角度から考察している。
プリンスは時間不足で慌てて編集しただろうから、しょうがないですよね。

でも、プリンスのも良かったな
特に萩原健太さん+高橋健太郎さんの対談は参考になりました。さすが分析が鋭いっ

 プリンスは、プリンスという巨大な<コンセプト>として存在している

確かにそういうとこあるかもしれない。。




ボブ・ディランのハイレゾ体験無料イベントが開催決定


ボブ・ディランのハイレゾ体験無料イベントが開催決定
 〜 amass  2016年 11月7日

これは絶対行きます!
ハイレゾ音源、いいですよね。
続きを読む

吟遊詩人ボブ・ディラン、ノーベル文学賞受賞

このニュースには驚きました!
てっきり今年こそ村上春樹さんかな、、と思っていたので。 
確かにここ数年ノミネートされていましたが、平和賞のほうだと思っていました
受賞しても本人はどこ吹く風みたいですが。。ツアー中とのこと。これぞディラン!

ボブ・ディランさんの文学性とは?」 〜 NHK News Web
ボブ・ディランはこうしてノーベル文学賞受賞に至った」 〜 RO69 
ボブ・ディランさんにノーベル文学賞 反骨のミュージシャン」 〜 ハフィントンポスト

「風に吹かれて」より
一人前の男と呼ばれるまで、人はどれだけの道を歩くのだろう?
砂の中で眠るまで、白い鳩はどれだけの海を渡るのだろう?
永遠に禁止されるまで、どれだけの砲弾が降り注ぐのだろう?
友よ、答えは風の中。答えは風の中に吹かれている。

 → "白い鳩"が出てきますね。ここでは"平和"を意味しているのでしょうね。

続きを読む
livedoor プロフィール
メッセージ(管理人のみ閲覧)

名前
本文
ギャラリー
  • 明日12日(木) のBS「プロファイラー」はプリンス!!
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
Visitors
  • 累計:

  • ライブドアブログ