夏の疲れがたまって寝つけない夜に、この曲はいかがでしょうか?
ずばり

 「Sleepless Nights」(眠れない夜)


勝手にキャッチコピー

  強烈な警察ディスりソングPig Feet」 へのアンサー、それは愛


テラス・マーティンの新プロジェクト、グループ名 "Dinner Party(ディナー・パーティー(笑)" によるデビューアルバムからMVが公開されました。メンバーはテラス・マーティン、ロバート・グラスパー、カマシ・ワシントン、9thワンダーの4人。

一見、さらりと耳障りのいい、スムースなソウルに聴こえますが、そこは猛者4人。サウンド、映像共に、随所にこだわりを持って制作しています。

DP













Dinner Party - Sleepless Nights (feat. Phoelix)  

ヒーローズ 見参❣️



愛に溢れるハートウォーミングな作風で、何かこうホッとします。全てを受容する温かさがある。警官の不当な暴力行為に怒り狂って抗議した「Pig Feet」とは対照的ですね。

では、曲を紐解いて参りましょう♫


【クレジット】
Produced by Terrace Martin, Robert Glasper, Kamasi Washington & 9th Wonder メンバー4人 Mini Moog(ミニモーグ → 1970年に開発されたポータブル・シンセサイザー) - Terrace Martin Piano - Robert Glasper Tenor Saxophone - Kamasi Washington Maschine MK3, FL Studio 6 - 9th Wonder Vocals - Phoelix Guitar - Marlon Williams(スヌープ・ドッグやケンドリック・ラマーのアルバムに参加。2017年のテラス・マーティンの来日公演にも同行)


【サウンドについて】

Dinner Party🎉に招かれたかのような、アットホームなサウンド
  • 親しみやすいメロディーラインに、フェリックスのソフトな声が安らぎを与えてくれます
  • カマシ・ワシントンの黄昏れたテナー・サックス🎷が、奥行きを添えています

  • ロバート・グラスパーのピアノ🎹はいつもながら安定の出来。テラス・マーティンが弾くビンテージのシンセ音と相まって、レトロで温もりのあるサウンドになっています。
    (ちょっと一言✋ グラスパーはある意味ワンパターン。そつなく器用にこなすタイプか。個人的にはもっと冒険して欲しいなぁ〜と思いますが、先日ネット配信されたデトロイト・ジャズフェスティバルのステージでは即興っぽいフュージョンをガンガン弾いており⚡️もっとそういう演奏が聴きたい!と思ってしまった)
  • 特筆すべきは、9thワンダーの手によるクールなビートでしょうか
自分の曲からサンプリング 👇

9th Wonder - Can't Breathe (feat. Smitty)  (2019年12月) 
* この "I can't breathe" は恋愛における「息ができない」の意味で、ジョージ・フロイド事件の "I can't breathe." とは異なります。 偶然? 狙ってる?



   ⇩
ビートを分解して、元ネタの曲👇 

Detroit Emeralds - You're Getting A Little Too Smart(1973年)



 +

ルイス・コール❣️

Louis Cole - More Love Less Hate(2018年8月)
「憎しみより愛を」  ドンピシャリ曲名!



9thワンダーのセンスの良さにうなる... タイトなビートに浮遊感のあるルイスの曲をミックス。流石としか言いようがない。(参照記事:サンプリングにおいて最も重要なのは元ネタへのリスペクト by DJ Premierリスペクトめちゃくちゃあるよね


目を閉じて曲を聴くと、一つ一つの優しい音が揺らめきながらも調和し、手を繋いでダンスしてるみたい。まさにパーティー🎉

マティスの「ダンス」
Matis













【歌詞】意訳してます

 Cloudy days,
 Sleepless nights
 I lay awake tossing,
 wondering when we'll get it right
 We've beendown
 For so long
 Knowchange been on the way,
 ain'tworried no more

 曇り続きの日々
 眠れぬ夜
 僕らは  一体いつになったら良くなるんだろう と
 悶々としながら横たわる
 これまでずっと
 がっかりしてきた
 でも やがて変化は訪れる
 もう恐れない

 Know we coming
 (Coming, coming, coming)
 Know we coming
 (Coming, coming, coming)
 
 今 俺たちが  行くぜ
 (行くぜ、行くぜ、行くぜ)

 Yeah, just keep going
 (Going, going, going)

 そう、前進あるのみ
 (前進する、前進する、前進する)
 
 Know we coming
 (Coming, coming, coming)

 今 行くぜ
 (行くぜ、行くぜ、行くぜ)

   * sleepless nights... 眠れない夜が続いてる
   * get it right... (物事)を正す、解決する  という意味だと思われます


シンプルな単語を並べ、分かりやすい歌詞で、どんな人にも届くようにしています。二番も同じです。


【Music Videoについて】
今流行りのアニメーション・ビデオですが、アニメの動きが単純で、レトロ感満載の仕上がりになっています。サウンドにリンクしていますね。

以下、気になるシーンを挙げます🤓📗

キーワードは  地元愛💕
  • 宇宙船の目的地(Destination) 脚はスピーカー
    サウス・ロサンゼルス、クレンショー大通り(Crenshaw Blvd.)
     ⇩
    レイマート・パーク(Leimart Park)に着陸 
       →  LAのブラック・カルチャー発信地

(LA南の地図)
右は拡大地図


テラスとカマシは 全米屈指の犯罪多発地域 サウス・ロサンゼルス(旧サウス・セントラル・ロサンゼルス)イングルウッド出身。現在41歳のテラスは、クレンショーで自身のレーベル、Sounds of Crenshawを運営しています。
* 上記 右の地図では、ハイライトしてあるクレンショー地区を若干東側に行くとレイマート・パーク


テラスの最新インタビューによると、サウス・ロサンゼルスは80年代後半からギャング間の抗争が激化し、住民のドラッグ乱用やライフル銃所持(皆が銃を持っていたと)も伴い治安が悪化、戦闘地帯(war zone)に陥ったそう。
*不況に喘いでいた80年代後半〜90年代前半は最悪だったと思われます。現在は大幅に改善した模様


(LAの犯罪地図)2020. 9. 9 現在
ブルーが濃くなるほど、犯罪が多い


LAは中心部ダウンタウン(ビジネス街。夜は無人で危険)を起点にして南部は治安が悪くなります。ちなみに、北西に位置するハリウッドやサンフェルナンド・バレーはセレブが住む地域。

アメリカは"ブロック"ごとに雰囲気がガラリと変わります
「人種による住宅隔離(ゾーニング)」の名残りで棲み分けがはっきりしているので、アフリカ系(及びヒスパニック系)が住む貧困地域の犯罪率が高いのが一目でわかりますね。そして、隔離したアフリカ系コミュニティーを「割れ窓理論」を実行する名目で、日々警察が巡回して取り締まる...(情報源:Black Lives Matter の代表インタビュー番組)。
 *人種ごと、さらに階層(経済的地位)ごとにも棲み分けがはっきりしています


(ご参考)
LAのギャング抗争が描かれている映画

80年代後半
『カラーズ/天使の消えた街』  警察の視点で描かれた作品

90年代初頭
『ボーイズン・ザ・フッド』 こちらはギャングの視点


Hip Hopの歴史動画 Chapter 2
レーガン政権下の1981年を境に、政府が意図的に持ち込んだとされるクラック(コカインを固形化した安価なドラッグ)がLAのゲットーを中心に全米に蔓延 → レーガンがドラッグの厳罰化を命じると逮捕者続出 → 黒人コミュニティ崩壊


  • 電線にぶら下がっているスニーカー ... シューフティ(Shoefiti)と呼ぶそうです。なぜこんなことをするのか?色々な説があるようですが、昔見たNHKのドキュメンタリー番組では、ギャング同士の抗争で若くして亡くなったメンバー・巻き込まれた住人を追悼するためだと説明していました。ここに存在していた、と皆で忘れないようにするためだと。

Shoe










  • バスケットボールのゴール台に書かれた「Defund the Police」→ BLMの要求項目の一つ。「警察から資金を取り上げる」という意味 → 警察システムを解体する狙い
  • バスケをしている女の子のランニングシャツ... 今年1月にヘリの墜落事故で亡くなった、NBL ロサンゼルス・レイカーズの元選手、コービー・ブライアントの背番号「8」のユニフォーム
  • Vision Theater... レイマート・パーク・プラザにある、地域のランドマーク。1931年に建てられたアール・デコ調の映画館
  • コミュニティーの人達の前で演奏していると(背後にBlack Lives Matterの文字)、パトカーが現れる → ナンバープレートに "pigs"とあります(「Pig Feet」のpig。スラングで警察のこと)。テラスがぐっと顔をしかめる  が、暴力には訴えず、音楽のパワー✨でシールドを張り皆を守る。警察もこれには手が出せず退散。ヒーロー4人は無事役目を終え、宇宙へ帰って行きましたとさ。The End.

【Dinner Partyについて】

米サイトstereogumによると、
「ディナー・パーティーという名前は、プロジェクト全体の雰囲気を伝えるためのもの。これらのミュージシャンの出会いは、ずっと前にさかのぼる。マーティンはワシントンと同じ高校に通っていて、グラスパーとは90年代半ばにジャズバンド・キャンプで知り合った。このプロジェクトの発端は、マーティンがグラスパーのツアーに参加していた時からで、その後、ワシントンと9thワンダーが一緒になり、2019年後半にレコーディングを開始する前に数年間アルバムに取り組んでいた」引用元


   Welcome to the dinner party !! 🎉(テラスのコメント)


インスタより


Sending love and blessings to everyone. 
Call someone you haven't talked to in a while and just tell them you love them. 
a simple phone call can do much for a person. 
After you do that check out our new video "Sleepless Nights". 
Tap the link in my bio.  You are all invited to the @dinnerperty "SoundsOfCrenshaw

皆に 愛と恵みを。
しばらく話してない人がいたら電話して、ただ愛してると伝えてあげて。
たった一本の電話が、ある人にとっては助けになることもあるんだ。
それが終わったら、僕たちの新しいビデオ「Sleepless Nights」をチェックしてみて。
君たちは全員、Dinner Partyに招かれているよ。


-------------------------


この曲とMV にとても惹かれます。なぜだろう? 
おそらく

   があるから


今、世界は混乱状態だけど、皆に安心感や希望を与えたい。自信を無くして怯えている人がいたら、愛を伝えたい。そんなメッセージを感じるから。そこにエゴはありません。

  互いに愛せよ。さなくば滅びあるのみ

という言葉を思い出しました。やはり、全ては 愛 に帰結するのですね。でも、そんなシンプルな、普遍的なテーマを実践するのがとても難しい...


前述したインタビューで、テラス自身こう語っています。

 人生って 他の人達を助けるってことだろう?
 自分の持てるもの全てを人に捧げる ってことだろう?

 
 Life is about helping somebody else.
 Life is about giving your all.



ちなみに警察についてのコメントは

 ブラック・コミュニティーでは、警察は警察ではない(機能していない)。警察には税金を払いたくないね。ヤツら俺達を殺すつもりだから。医療や学校、ゴミ処理会社に税金を払うのはいいけど、警察!? お前らくたばれ! 奴らが愛が何たるかを理解し、互いに協力できるまで税金を払いたくはないよ。


BLM運動については

 俺たちは愛をもって皆で団結し、立ち向かうべきなんだ。今回は多くの白人が黒人と一緒に抗議活動に参加している。これまでになかったことだ。それが国全体で起こっている。変わったんだよ。

ブルース・スプリングスティーンも同じようなことを言っていました。
(人種差別の本質を鋭く指摘しています)


先行第一弾で公開された「Freeze Tag」のMVには、メンバーで和気藹々とレコーディングしている様子が映っていて、実に楽しそう。以前観たテラスの来日公演もこんな感じだったなぁ。メンバーでまめにコミュニケーションを取り合い(テラスが頻繁にちょっかいを出し)、リラックスした雰囲気で演奏していた。そういえば、胸の前に両手でハートマーク LOVE❤️を作って歌ってたな🙄 


Dinner Party - Freeze Tag (feat. Phoelix)
「ミュージシャンにリスペクトがある奴としか一緒にやらない」
「カマシと同じバンドだぜ。イエーイ」
とはしゃいでいたテラス




アルバムタイトルは「Dinner Party」 まんまやん
ジャケットカバーは、カマシの妹アマニ・ワシントンによるものです。
アルバムを通して心地よく、リラックスして聴ける曲ばかりです♫ 暖かい毛布にくるまれているような安心感。体のコリがほぐれそう...


3曲目はディアンジェロへのオマージュかな?



(ディスク・レビュー) 
ロッキングオン「真夏のソウル・ジャム2020