自分の信じるもののために戦う  全ての人へ贈ります。

デヴィッド・ボウイ "ベルリン時代" の代表曲「Heroes」
ベルリンの壁で会う恋人たち(西側の僕と東側の君)について歌った曲です。


<歌詞>

Heroes  (1977年リリース/ デヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ 作)

I, I will be king
And you, you will be queen
Though nothing will drive them away
We can beat them, just for one day
We can be heroes, just for one day

僕、僕は王になり
そして君、君は女王になる
奴らを追い払う術は 何もないけど
奴らを倒せる 1日だけなら
僕らはヒーローになれる 1日だけなら

And you, you can be mean
And I, I'll drink all the time
'Cause we're lovers and that is a fact
Yes, we're lovers and that is that

そして君、君は  意地悪になれるし
そして僕、僕は  ずっと酒を飲むのさ
だって 僕らは恋人同志で それは事実だし
そう、恋人って  そんなものだろう

Thgouth
nothing will keep us together
We could steal time just for one day
We can be heroes foever and ever
What'd you say?

僕らを結ぶものは 何もないけど
時間を盗めるかも 1日だけなら
ヒーローになれる  きっと永遠に
(君なら)
何て言う?

I, I wish you could swim
Like the dolphins, like dolphins can swim
Though nothing, nothing will keep us together
We can beat them forever and ever
Oh, we can be heroes just for one day

君が泳げればいいのに
イルカみたいに すいすい泳ぐイルカみたいに
僕らを結ぶものは 何もないけど
奴らを倒せる  きっと永遠に
ヒーローになれる 1日だけなら

I, I will be king
And you, you will be queen
Though nothing will drive them away
We can be heroes just for one day
We can be us just for one day

僕、僕は王になり
そして君、君は女王になる
奴らを追い払う術は 何もないけど
ヒーローになれる  1日だけなら
僕らは僕らになれる 1日だけなら

I, I can remember (I remember)
Standing by the wall (By the wall)
And the guns shot above our heads (Over our heads)
And we kissed as though nothing could fall (Nothing could fall)
And the shame was on the other side
Oh, we can beat them forever and ever
Then we could be heroes just for one day

僕、僕は覚えてるよ(覚えてるよ)
立っていた 壁のそばに(壁のそばに)
銃弾が  頭上をかすめた(頭上を)
でもキスした    何も崩れないかのように(何も崩れないかのように)
恥知らずは 壁の向こう側だと
奴らを倒せる きっと永遠に
ヒーローになれる  1日だけなら

We can be heroes
We can be heroes
We can be heroes
Just for one day
We can be heroes

ヒーローになれる
ヒーローになれる
ヒーローになれる
1日だけなら
ヒーローになれる

We're nothing and nothing will help us
Maybe we're lying, then you better not stay
But we could be safer for one day
Oh

僕らは無で 何も救いにならない
嘘をつき合う   君は去った方がいい
でも 安全になれる 1日だけなら


(訳注)
・"nothing" の使い方にご注目。何度も出てきて意図があると思われます。nothing = 無
  nothing will keep us together の日本語がいまいちしっくりきません。考えます...

・映画『ウォールフラワー』の訳詞を参考にしました。


(注意)
・間違った解釈、誤訳などがある可能性もあります。ご了承ください。
・和訳は趣味で引用しており、歌詞の配布を目的としておりません。
訳詞の転載はご遠慮ください。








<カバー>
偉大過ぎる曲なので多くのアーティストがカバーしていますが、お気に入りを貼ります。


Peter Gabriel - Heroes (Live in Verona 2010)



*ピーター・ガブリエルは、南アフリカ共和国の反アパルトヘイト運動家スティーヴ・ビコについて歌った「Biko」を1980年にリリースしています。

(参照)

ロックの英詞を読む―― 世界を変える歌
ピーター・バラカン
集英社インターナショナル
2016-05-26




Christine and the Queens - Heroes (Glastonbury 2019)
歌うたびに音楽の力を信じさせてくれる偉大な曲よとクリス。
オーディエンスとのコール&レスポンスがたまりません。
(57:54頃から)


クリスの曲「Nada(= Nothing 無)はこの曲からの影響があるかもしれません。「La Vita Nova」のMVでは顔の右眉上に "NADA"と書いています。Christine and the Queens



U2 - Heroes (さいたまスーパーアリーナ 2019)
フル映像がYouTubeに上がっててビックリ!(30:18頃から)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=h7cu7Ah-ClQ&feature=emb_logo




Prince - Heroes (Fox Theatre, 2016)



歌詞を変えて歌っています。胸がいっぱいになりました...


I, I will be king
And you, you will be queen
Though nothing will drive them away
We can be heroes just for ...   *one day と言わずに口ごもる

僕は、僕は王になり
そして君、君は女王になる
奴らを追い払う術は 何もないけど
僕らは  ヒーローになれる

I, I wish I could swim
Like the dolphins, like dolphins swim
Maybe nothing will keep us together
But together, you and I, we can win
We can be heroes again and again

泳げればいいのに
イルカみたいに すいすい泳ぐイルカみたいに
多分  僕らを結ぶものは 何もないけど
でも一緒なら 君と僕 一緒なら勝てる
ヒーローになれる 何度でも 何度でも

I, I'm outside standing
Standing, standing by the wall
The guns, they shot (?) over here just missing
Missing every one of us all
That's why we can be heroes, heroes
after all

僕、僕は  外で立ってる
壁のそばに  立ってる
奴らが放った銃弾は  それて
当たらない(ニヤリとする) 誰にも
だから  僕らはヒーローになれる、ヒーロー
結局のところ

We, we are still standing
Standing for what we believe
Make it talking about this 
And we're here
All we hear
This is the sound of the sea
The sound of the heroes
like you and me

僕ら、僕らは  まだ立っている
自分達の信じるもののために 立っている
そのことについて話し
そして  僕らはここにいる
僕らは  聞く
これは  海のサウンド
ヒーロー達の サウンド
君達や僕のような

So many heroes
Like you and me
The sound of heroes like you and me
Heroes, heroes like you and me

沢山のヒーロー
君達や僕のように
ヒーロー達のサウンド 君達や僕のような
ヒーロー、君達や僕のようなヒーロー



別バージョン  歌詞が表示されます
歌詞の"イルカ" 繋がりで Dolphin ➡︎ Heroes ➡︎ Dolphin ➡︎ Heroes (Toronto, 2016)
なぜ僕の兄弟は飢えなくてはいけないの...?



We can be heroes for one day
And they'll never, never make us say
That we can be heroes for one day...

1日なら ヒーローになれる
1日なら ヒーローになれると
奴らは決して言わせないだろうけど



(関連記事)
TAP the POP 〜 ベルリンの壁の向こうから聞こえる歓声を背に歌ったデヴィッド・ボウイ」 〜 2016.06.06

・「デヴィッド・ボウイ「ヒーローズ」はなぜ普遍的な名曲であり続ける? 映画『ジョジョ・ラビット」から紐解く "英雄" の意味 」〜  Real Sound 2020.03.10


NHK 『アナザーストーリーズ』「ロックが壊したベルリンの壁」 4月7日放送 ボウイやスプリングスティーン等 〜 amass  2020.04.01

1989年11月、ベルリンの壁崩壊。その2年前、壁の近くで野外コンサートを行ったデヴィッド・ボウイ。スピーカーの一部を壁の向こう側に向けると、東側は大騒動に!これがきっかけで翌年には、音楽が規制されていた旧東ドイツでも異例のコンサートが行われる。歌ったのはブルース・スプリングスティーン。会場には若者たちが殺到!音楽が壁崩壊に果たした役割をコンサート関係者、旧東ドイツ市民などが今、明かす!