かなり出遅れましたが💦 

Piano & a Microphone 1983
を聴きました。

プリンスの息遣いが聴こえてきて(鼻水をすする音も💦ミネソタは寒いもんね)、とてもパーソナルな内容ですね。
イヤホン(ヘッドホンの方がベター)で聴くと目の前で弾き語りをしてくれているようで、臨場感がすごい! 息を潜めて聴いてしまいました。

スパイク・リー監督が「BlacKkKlansman」でアカデミー脚色賞を受賞したので、エンドロールに使用された「Mary Don't You Weep」を取り上げるべきところですが、個人的にはアルバムの最後に収録されている「Why The Butterflies」にぐっときたので、和訳しました。

プリンスの曲作りの過程が垣間見られるような一曲。ほぼ1つのコード進行との事。
鍵盤を叩く圧 やヴォーカルの高低・強弱に魂がこもっていますね。手触り感が半端ない。寸止めで終わらせるところもニクい。

即興と思われるエモーショナルで美しいメロディーに哀しげな歌詞、泣いた😭
プリンス少年の切ない想いが伝わってきて...
あの世でママに会えたかな?


誤訳ご容赦くださいませ。


Why The Butterflies『Piano & a Microphone 1983』より

Mama, mama
What's this strange, strange
Mama
Mama, what's this strange, strange
Mama
Why the butterflies?

ママ、ママ
このヘンなものは なに
ママ
このヘンなものは なんだろう
ママ
なぜチョウチョが飛んでいるの?(この胸騒ぎはなぜ?)

Mama, mama what's this shaking in me?
Mama, what's this crazy swirling around?
Mama, why the butterflies?

ママ、ママ、僕の中で震えているものは なに?
ママ、このヘンなぐるぐる動き回っているものは なに?
ママ、なぜチョウチョが飛んでいるの?

Mama, mama
Open visions in my mind, Mama
Mama
Mama, what's this
Mama, what's this
Mama, mama, mama
Why the butterflies?
Why the butterflies?

ママ、ママ
頭の中でビジョンを開く、ママ
ママ
ママ、なんだろう この
ママ、これは なに
ママ、ママ、ママ
なぜチョウチョが飛んでいるの?
なぜチョウチョが飛んでいるの?

Oh, oh oh

Mama, where is father?
Mama, butterflies
Mama, where is father?
Mama, where
Mama, where
Mama, where
Why butterflies?

ママ、お父さんはどこ?
ママ、チョウチョが
ママ、お父さんはどこにいるの?
ママ、どこ?
ママ、どこ?
ママ、どこ?
なぜチョウチョが飛んでいるの?

Ohhh, Papa

パパ!  * (注) ネットで調べると Mama の表記になっていますが、Papaに聴こえます...うめいているので聞き取り不可

Where am I?
What's this strange, strange
Why the butterflies?

ママ
ここはどこ?
この奇妙な、奇妙なものは なに
なぜチョウチョが飛んでいるの?


(注意)

・歌詞の和訳は私が意訳したものなので、間違った解釈、誤訳などがある可能性もあります。ご了承ください。
・和訳は趣味で引用しており、歌詞の配布を目的としておりません。訳詞の転載はご遠慮ください。

-------------------------------------------

* butterflies... 胸の中で蝶々がざわざわ飛んでいる感じでしょうか → 転じて、 胸騒ぎがする、ソワソワと落ち着かない感じがする、不安を感じる

(ご参考:When Doves Cry」の歌詞より
 
 Touch if u will my stomach
 Feel how it trembles inside
 You've got the butterflies all tied up
 Don't make me chase u
 Even doves have pride

 僕のお腹を触ってごらん
 どんなに震えているかわかるだろう
 君のせいで胸が締め付けられる
 追いかけさせないで
 鳩にだってプライドがあるんだよ

* open visions...(by Lord)という、キリスト教的な意味でしょうか

歌詞に特に深い意味はなく、即興で思い浮かんだ言葉を口ずさんでいると思われますが、無意識に幼少期に父親が出て行った時の不安な気持ちを歌っているのかもしれませんね。

(ご参考)
プリンスが幼少期に住んだ家々。お父さん、ピアノを置いて出て行ったのよね。
一時期間借りしていたアンドレ・シモンの家が意外と立派


レビュー記事
・「Peer Into Prince's Genius "Why The Butterflies", an Unheard Early Demo
    〜 Noisey VICE.com  Sep. 13, 2018

より一部引用

デモ・アルバム「Piano and a Microphone」に収録されている全ての曲のように、「Why The Butterflies」は曲のスケッチ(素描)である。プリンスはほとんど装飾を凝らさずピアノを上下に移動して、ほぼ1つのコードをいじっているだけである。歌詞は全部で12単語ほどしか使っておらず、一つの根幹から広がりを見せている。「ママ...」が「ママ、なに?この奇妙な...」になり、次の行で「ママ、僕の中で震えているものはなに?」になっている。子供のように不思議に思う気持ちをほのめかしていると言えよう。

しかしまた、この曲は6分半の間、プリンスが可能な限りボーカルのバリエーションを試みているかのようで、
豊かで多彩である ー ささやき声
を入れたり、ファルセットや低音を入れたり、赤ん坊のようなガラガラ声を入れたり。「Why The Butterflies」はプリンスの創作過程についての洞察であり、彼の卓越した才能の一例となっている  ー ここでもカセットテープの空白のノイズが大きく、第三の楽器のような効果をもたらしている。彼の試みは魅力的である。「Purple Rain」や「Sign 'O' The Times」で神々しいまでの高みを見せたが、この曲はプリンスが人間である ー "ものすごい才能を持った普通の男" ー ということも証明している。

81V2+OfwWdL._SL1500_


















音源:YouTube Prince公式サイト:https://youtu.be/aTELw1ae0Jw


プリンスってピアノの演奏上手いですね👍少々荒削りなところもいいです。
天下のプリンス様に向かって何てことを!?とお思いでしょうが...
新世代ジャズ系アーティストなど、超絶テクニックを持つピアニスト達のステージを観てきたので...💦 プリンスの演奏もなかなかと思いました(上から目線失礼します)。しかも、基本独学ですものね。

でも、このデモテープは公開したくなかったんじゃないかなぁ...
ミネソタ州チャンハッセンにあった自身の Kiowa Trail 自宅スタジオPrince Vaultより)というか、部屋で恐らく真夜中にたった一人でピアノに向き合って、すごくパーソナルな感じですもんね。鼻水すする音も入ってるし。嫌だよね〜

ペイズリーパークの編集室(プリンスが映像をチェックした部屋)にて?


(関連記事)
・「プリンスがあなたの真横で引き語りしてくれる感動の1枚、未発表音源集『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』の聴きどころ」〜 rockin'on com  2018年9月22日
  * 「Why the Butterflies」フル音源(soundcloud)あり

・「プリンス『Piano & A Microphone 1983』ピアノとマイクロフォンと殿下の1983年
 〜 Mikiki 2018年10月9日 (「bounce 2018 October号より)
 
・「プリンス『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』リリース記念 リレー・インタビュー【専属エンジニア:スーザン・ロジャース】
 〜 Warner Music Life  2018年10月4日

(一部引用)
自宅ではピアノにいつもマイクをセッティングしていて、地下のレコーディング機材がある部屋にケーブルが繋がれていたの。レコーディングの時に彼の家に行くと、よく一人でピアノを弾いていたわ。家にいるときでも、リハーサルの時も、常に彼はピアノにマイクをセットして、何かインスパイアされたときにはそれを録音していたわ。彼の家に行くとピアノの横に、たしかソニーの、紫のラジカセが置いてあったのを覚えているわ。彼はそれを使って自分でもカセットにいろいろレコーディングしていたのよ。そういうカセットがたくさん残っているはずよ。 

Prince Strips Down for 'Why the Butterflies'
 〜 The Boom Box  Sep. 15, 2018

プリンスは望んでいるのか?遺産管理人たちによる権利ビジネスの行方
  〜 Rolling Stone Japan  2018年7月24日


「アーセニオ・ホール・ショー」2014年 プリンス出演回
   *Vaultにある膨大な量の音源について、プリンス自身がコメントしています

Prince "The View" Interview in 2012  映像
       
    Q: Vaultに何百曲もの音源があるようですが、リリースしないのですか?
  P: いつか、誰かがリリースするかもね。僕がリリースするかはわからない。本当に沢山あるから。僕らは常に新しい曲に取り組んでるんだ。
新しいミュージシャンや違うサウンドにインスパイアされてね。

Vault入り口と内部