11月15日にキャンディス・スプリングスが、ミネアポリスのDakota Jazz Clubで公演しました♪



レビューと映像は上がってきていないので、、(インスタにはあるかも)

(2016年8月18日  Dakota Jazz Clubデビュー公演のレビュー)

Prince discovery Kandace Springs seduces in her debut at the Dakota
 〜 StarTribune August 19, 2016

 
  インタビュー記事
Kandace Springs talks about her Nashville soul and her big fan: Prince
 〜 The Current  August 17, 2016 * 2016年1月17日のLiving Colour公演の映像あり

(サマリ)
あなたがキャンディス・スプリングスの歌声を聴いたら、プリンスと同じ反応をすることだろう。つまり、もっと聴きたくなる。

私が初めてスプリングスを見たのは、2014年にペイズリーパークで開催された「パープルレイン30周年記念」イベントでの彼女の演奏だった。

初めてプリンスと連絡をとったのは、プリンスがツイッターであなたの音楽をシェアして、それからダイレクト・メッセージを送ってきたと理解していますが。

そうなの!サム・スミスの「Stay With Me」を少しアレンジしてピアノ演奏で歌っているクリップをYouTubeにアップしたら、気がつくとプリンスがそれをリツイートして、着信通知が来たの。彼はこうつぶやいてた。
「君たちが必要としている音楽だ。聴いて(“This is all you need — listen to this.” )。」

私はワオ!って感じだったわ。プリンスは「君は何者? (“Who are you?”)」と書いたダイレクトメッセージを送ってきた。そして、君の夢が叶うだろう、今度の「パープルレイン30周年記念公演」に参加してバンドと一緒に演奏して欲しい、と言ってきたの。私は「ああ、ええ!(Hell yearh!)」って感じだったわ。

ペイズリーパークで演奏してどうでしたか?

恍惚とするような経験だったわ。すごくリスペクトがあって。本当にクールな経験だった。(プリンスの)ファミリーなんかがいて。わかるでしょう?その中に入って3RDEYEGIRLと一緒に演奏して、それからNew Power Generationカルテットと別の部屋へ移動したの。一緒に演奏したわ。私のセットリストから(注:恐らくEPから)、よりR&Bやヒップホップ色の濃い曲なんかをね。クールで新しい音楽。正に私がやっている音楽ね。実際、プリンスが亡くなる前に、プリンスに私の新しいアルバムを聴いてもらうことになったの。今年(2016年)の私の誕生日118日に、彼は「まさにこれだね。これこそ君だよ(“This is it. This is who you are.”)」と言ってくれたわ。

今年(2016年)1月は、ペイズリーパークを訪れたのは2回目だったのですか?

そうなの。プリンスはここに来て一緒に過ごそうよ、と招待してくれた。少なくとも1週間に数回Eメールで連絡を取り合っていたから。音楽をシェアしたり、そんなことをしてね。彼は本当に面白い男性だったわ。ヘイ、今週末出かけようよ!迎えに行くからさ、きっと楽しいよって感じで。直前に飛行機に乗って、1月17日にミネアポリスへ着いたの。そしたらドライバーと一緒に空港まで迎えに来てくれていて。私のアルバムを聴かせたら、「オーマイガッド。これ大好き(“Oh my god, I love this.” )って。彼のお気に入りは、アルバム5曲目のNovocaine Heartだったわ。最後に入っている、私が16歳の時に書いた曲Rain Fallingも好きだったわね。

それから18(誕生日)に、彼は「このアルバム大好き。素晴らしいよ( “I love this album. This is great.” )って。二人でペイズリーパークのスタジオに入り、数曲いじって遊んでたの。私はRhodes(シンセサイザー)を少し弾いて、彼はドラムを演奏して、何曲かトラックを録音した。もちろん、今ではその音源を入手するのは困難だけど、私のスマホに少し録音したわ。

おそらく、いつかヴォルトから出てくるのでしょうね。

そうね!そうなればクールだわ。彼はアナログのレコーディング・スタジオ(注:おそらくスタジオAのこと)を持っていて、(機材を)どうやって使うか教えてくれようとしたわ。オールドスクールみたいにね。イカしてたわ。

あなたも自転車に乗っていたと聞きました。1月には自転車には乗っていないようなので、2014年のことですね?

そうなの!私たちは二人ともアフロヘアで外に出たわ。プリンスはショーの後私を裏口へ連れて行き、そこには4台の自転車があったの。クルーザー2台とマウンテンバイク2台。私は1台に飛び乗って、彼は別のに飛び乗って、他の人たちが車のほうに歩いて行くのを通り過ぎて行ったわ。すごかったわよ。それから私たちは公園まで行き、戻って来たの。誰もが「ヘイ!」って。彼は近くにある映画館を貸し切って映画を観るのが好きだった、って聞いたことあるかしら?

ええ。その映画館には、そこで映画を観るのが大好きだったプリンスに敬意を表して、プリンスの壁画が描かれていますよ。

あら、すごい!美しい話ね。 それを聞いて嬉しいわ。

あなたはプリンスとそこへ行った... 二人きりだったのですか?それとも他の人たちも一緒だったのですか?

ええ、何回か彼と行ったわ。初めて行ったのは2014年。彼のバンドと私のマネージャー、3RDEYEGIRLNew Power Generationからのメンバー達が一緒だった。スカーレット・ヨハンソンが出演している「Lucy」を観たわ。今年(2016年)アイスキューブとケヴィン・ハートが出演している「Ride Along 2」も観たわね。あまりいい映画じゃなかった。その時はプリンスと私だけだったから、私たちは後ろのほうに座っていたの。映画は本当にヒドかったから、映画の真ん中くらいのところでプリンスは私のほうを見て「もう出たい?」って聞いてきたから、私は「そうね、行きましょう」
って答えたの(笑)。

良い決断だったように思えますね。あなたはミネソタでプリンスと多くの時間を過ごした。

そうね。今度ミネアポリスのダコタジャズ・クラブで演奏するからシェアしたい話があるんだけど、プリンスはリビングカラーのショーを観るためにダコタへ連れていっていくれたの。それが最後に彼が連れて行ってくれた場所ね。その週末私たちがやったことの一つよ。その8
カ月後にそこで私が演奏することになるなんて、クレイジーだわ。私がメインのショーなんてね。

ダコタで演奏することは、ツアーをブッキングする時、意図的な選択でしたか?

私のエージェントは、私がプリンスとダコタへ行ったことを知らなかったのよ。バンドと私のためにブッキングしてくれたの。私は「オーマイガッド。プリンスと一緒に行った場所だわ!」って。プリンスとは2階のちょっとしたプライベートエリアでショーを観たの。プリンスが押さえてくれて、小さいバルコニーがある2
階席から観たのよ。ワオ、今じゃバンドと私がそこで演奏するのねって感じよ。このショーではプリンスのために全力を尽くすつもりよ。彼がくれたジャケットを着て、人からもらったプリンスの絵が何枚かあるから、ステージに1枚飾るつもり(補足:パープルのワンピースも着たようです)。

この機会と場所を考慮して、ショーでは特別な曲を演奏するつもりですか?

そうね。すでにやったことのある曲だけど、より豊かに表現したいのは「The Beautiful Ones」
ね。プリンスでお気に入りの曲なの。この曲は本当にやりたいわ。確実にやるでしょうね。私はビデオで彼の絵も描いたのよ。低速度撮影で彼を描いたの。ミネアポリスに行く前に彼にビデオを送ったら、泣いちゃったよって言ってた。その絵が欲しいっていうからあげたのよ。その絵はまだペイズリーパークの彼のラウンジに飾られているわ。 

(ご参考)Beautiful Ones」キャンディスのMV 絵がうまい!

次の公演のために、あなたはプリンスの故郷からあなた自身の故郷ナッシュビルに向かいます。

イエイ!故郷に帰りたいわ。この前ナッシュビルで演奏した時は売り切れたのよ。そんなに愛されているとは期待していなかったんだけどね!2カ月前、私のショーのために皆は出てきてくれたの。皆は私や父に電話してきて「中に入れて!」
って頼んできたわ。そんな反応期待してなかったんだけど。圧倒されたわね。

このツアーが終わったら、次は何をするつもりですか?新しい音楽に着手するのか、あるいはもっとツアーをするのですか?

今のところは、もっとツアーをする予定ね。中国のブルーノートと東京のブルーノートで演奏するの。そして、イギリスのテレビショー「Jools Holland」
に出演して、それからヨーロッパでツアーをする予定よ。

(2016年 Dakota Jazz Club 公演の映像)

The Beautiful Ones- Kandace Springs


I Can't Make You Love Me- Kandace Springs
お、プリンスがカバーしたボニー・レイットの名曲も歌ったのね


The First Time Ever I Saw Your Face- Kandace Springs
「パープルレイン30周年記念」の最後にキャンディスが歌ったロバータ・フラックの名曲。グラミーも受賞した本当に美しい曲です。プリンスも涙したことでしょう。



(オマケ)
プリンスが発見してツイッターでシェアした動画

"Stay With Me" (Sam Smith Cover) by Kandace Springs



リトルじゃないけど、レッド・コルベットとキャンディス
大の車好きらしい


キャンディスさん、裏表のない、天真爛漫な性格のようで、プリンスも微笑ましく思っていたんじゃないかな。
「"プリンシー"って呼んでもいい?」ってプリンスに聞いたらしいじゃないですか


(関連記事)
・「キャンディス・スプリングスがブルー・ノートに選ばれた理由とは?デビューの背景や知らされざるプリンスとの友情秘話を語る」 〜 Mikiki  2016年6月28日
ブルーノートのオーディションで、社長ドン・ウォズの前で「I Can't Make You Love Me」を歌ったのですね♪
ドン・ウォズがプロデュースした曲とは知らずに...ってところがステキ❤️

・「プリンスが認めた話題の新人 ー キャンディス・スプリングス・インタビュー」 〜 Wax Petics Japan  2016年7月1日

 プリンスとの思い出を語っています。
I Can't Make U Love Me 
 プリンスとボニー・レイットのエピソード