5月13日に70歳の誕生日を迎えたスティーヴィー・ワンダー御大。
"ハッピバースディ・トゥ・ユ〜"🎵🎂🍷🎉って本人の曲がありましたね。

以前アップした記事和訳に加筆修正しました。


 分断より連帯を
 
 互いに愛せよ。さもなくば滅びあるのみ

今だからこそ響くメッセージです。

-----------------------

(2017年9月1日)

きました、大御所!!

Stevie Wonder Reflects On Motown, God And Prince
 〜  npr music.com  August 30, 2017 *音声あり

(サマリ)

モータウン・レコードでヘンリー・コスビー、シルヴィア・モイとの音楽制作について

当時と今の違い。当時はメロディーやアイデアなんかをテープ・バッグに入れて何年も持ち歩いていたんだ。「My Cherie Amour」「Hey Love」のアイデアなんかもバッグに入れてさ。ヘンリー・コスビー、シルヴィア・モイと一緒に仕事をする機会があり、彼らにはメロディーと音楽のアイデアを渡した。それは素晴らしいマリアージュで、お陰で私はモータウンに居続けられた。というのも、私が14歳半になるまでに、彼らはモータウン側と会議してこう言ったに違いないんだ。「ねえ、声変わりしてきて、状況が変わってきた。この子どうしたらいいんだろう?辞めさせようか。」ってね。シルヴィア・モイはこう言った。「ねえ、私は彼と一緒に仕事をすることにコミットするつもりよ。ハンク、あなたもそう思っているならね。彼のメロディーはいいし、もう少し関わってみてどうなるか見てみましょうよ。」彼らはそうすることにして、一緒にやり始めたんだ。

* ヘンリー・コスビー、シルヴィア・モイ... シンガーソングライター兼プロデューサー。モータウンレコードで活躍した。


1980年にマーティン・ルーサー・キングJr.の誕生日をアメリカの祝日にしようと働きかけたことについて

私はそれを全く政治的なものだとは考えず、ただそうすべき正しいことだと思った。世の人々のため、経済や社会的権利、公民権のために命を賭けて闘った人物が、その偉大な功績を認められるべきだと思ったんだ。「ヘイ、黒人の祝日かい!」と言われても、「いや、皆の祝日だよ。」と答えるね。彼は黒人で、アフリカ系アメリカ人だったが、私は人を肌の色で見ない。キング牧師がかつて言ったように、中身(人柄)で見るんだ。キング牧師を称える時が来たと心から信じていたんだよ。懇願したのではなく、皆のためにそうなるべきだと思った。

アメリカではキング牧師の栄誉を称え、ロナルド・レーガン政権下の1986年よりキングの誕生日(1月15日)に近い毎年1月第3月曜日をキング牧師記念日(Martin Luther King, Jr. Day)として祝日としている(Wikipediaより引用)


バラク・オバマとの出会いについて

オバマが大統領になるのはわかっていたさ。面白いのは、その数年前、彼が上院議員に立候補していた時に会ったことだ。彼がちょっとしたパフォーマンスをするためにシカゴに来た際、私のスタジオ、ワンダーランド・スタジオに寄ってくれてね。私は「あなたのスピリットが好きだし、声には誠実さが感じられる。あなたが上院議員に立候補しているのは知っているが、私にはそれ以上のものが見える。あなたがアメリカ合衆国の大統領になる日が来るよう祈りたいと思っていたんだ。あなたはそうなると感じるから。」と言った。我々は祈りを捧げたが、それは素晴らしいものだったよ。

私は彼が大統領になると信じていたが、その時が近づくにつれ、「無理だ。アメリカには準備ができてない。」と言う人もいた。想像以上に多くの人がそう言った。だが、私は皆の自信の無さや恐れ、またアメリカの意識の高い人々への信頼不足を理解していた。人々の意識よりも、そうなるのを見たくないという無知な人々よりも、私は遥かにそうなるだろうと感じていたし、信じてもいた。神が彼に世界を動かす力を与えたもうたと感じていたから。


音楽で神を喜ばせ、愛を広めることについて

私の関心事は基本的には神だ。「神様、どうしたらもっとあなたを幸せにできますか?」と。ファンや成功に感謝しているけど、神を喜ばせることが私の最大の喜びなんだ。信じる宗教が何であれ、それは宗教の問題ではなく、関係性の問題なんだ。

私が今考えているのは、人々の間で否定や悪意がはびこるこの状況にどう対処したらいいのか、ということだ。至る所でこんな状況だし、私の心は深く傷ついている。私としては、どの宗教の教えにもなっていること「ヘイ、愛せよ。ただ愛せよ」が答えだ。愛が最も重要なことなんだ。「ただ愛せよ。」愛によってのみ、困難を切り抜けられるんだよ。若い子達が私の曲を歌ってるのを聞くと、コンサートを見に行ったマンチェスターの若い子達のことを思う。それから、若い子達を自分の怒りの矛先として利用した奴らのことを思う。到底受け入れられないことだ。その人が誰か、どこの国の人かは問題ではない、そんなことは関係ないんだ。私は人を見るのではなく、人の魂(souls)を見るのだからね。

*注:アリアナ・グランデのマンチェスター公演 爆破テロ事件について言及していると思われる


プリンスを失ったこと、2016年のトリビュート・コンサートに出演したことについて

すごく辛かったから、メッセージを伝えるのは大変だったよ。私が他の人達とは違うと言いたいわけじゃないよ。でも、私とプリンスはごく最近も彼の将来や、やりたいこと、やりたいことにどれだけ感化されているか話していたんだ。(昨年の出来事は)皆にこう気づかせることになったかもしれない。ヘイ、明日のことは誰にも約束されていないよ、って。「神様、なぜ彼が?」と言いたくもなるだろう。でも、私達は人生をコントロールすることはできない。だから、人は人生をコントロールしようとするのを止めなければならない。でも、私は... これは、私にはただただ辛い出来事だった。これは言える。「我々には彼の音楽がある。彼の芸術作品がある。これがある、あれもある。」とね。 
もう少し彼がいてくれて、作品を聴ければよかったんだが。





Send One Your Love
人類愛に置き換えて  Show them your love...



---------------------

記事を読んでいてはっとしました。

そうか、スティーヴィーは目が見えないから、人種や国籍、肩書きにとらわれることなく、人柄や魂、人の本質そのものが見えるんだ!と。感覚が研ぎ澄まされているのでしょうね。

それならスティーヴィーと親しくしていたプリンスも、素晴らしい魂を持っていたということですよね。スティーヴィーに憧れて、自分もああなりたいと思って音楽の道を志したプリンス(本人談)。スティーヴィーに認められていたのね

スティーヴィー・ワンダー 67歳。アメリカの至宝、いや地球の宝。子供の頃から神童と騒がれ、天才の名を欲しいままにしてきました。グラミー賞を22部門で受賞って、どんだけ〜〜。まだまだ活躍していただきたいな。


(関連記事)
スティーヴィー・ワンダー、プリンスへの思いを語る「愛のある仲間を失ってしまったのはとても悲しい
 〜 ローリングストーン  2016年4月22日

Prince Helps Stevie Wonder Ask 'So What the Fuss: 365 Prince Songs in a Year
 〜 Deffuser  August 31, 2017  * 共演映像あり。プリンス、嬉しそう♪


全音楽ファン必見!ポール・マッカートニー in The Late Late Show
   名物企画「Carpool Karaoke」 スティーヴィー・ワンダー登場回映像あり。
 Face Time中毒?🤣🤣🤣「Isn't She Lovely」でハーモニカーを吹いています!"I Feel For You"もスティーヴィー)

フジロック、サマソニ... 日本の音楽フェスがすごい!
 サンダーキャット😸が語るスティーヴィー・ワンダーのエピソードにワロタ🤣🤣🤣聖人じゃないもんねぇ。