2017年5月3日(水)〜5月9日(木)  ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと)

【5日目】5月7日(日)

観光の最終日。
午前中はモール・オブ・アメリカでお買い物&ハードロック・カフェ見学、 午後はプリンスゆかりの地巡りをする予定です。

ホテルからメトロ・ライトレイルの駅が近いので、移動に便利
すでに気分はミネソタン。滞在中3人のアメリカ人から道聞かれた
ミネ2


















ここにも壁画が
ミネ3


















駅のホームから、プリンスがライブをしたターゲット・センター(Target Center)が見える
Target Field, Target Centerは、全米にチェーン展開するミネアポリス発Targetスーパーが所有しているのでしょうね
ミネ1


















さて、メトロ・ライトトレイル ブルーラインに乗って、モール・オブ・アメリカへ出発 🚈💨

車窓からU.S. Bank Stadiumが見える(U.S. Bank Stadium駅あり)。昨年10月にトリビュート・コンサートが行われた場所。かなりデカい。スケールが日本と違う
ミネ4


















9月8日には、U2の「ヨシュア・トゥリー・ツアー」公演でベックがオープニングアクトを務めます。ベック、ファイト💪
Bank

















【後日追加】
ファム(プリンスファンの呼称)による9月8日 ベック&U2公演のレポートはこちら。ベックとU2のプリンス・トリビュート映像あり
*リンク掲載はご了承いただいております
ミネアポリスの旅・Beck & U2 ミネアポリス公演♪ ①
ミネアポリスの旅・Beck & U2 ミネアポリス公演♪ ②
ミネアポリスの旅・U2「ヨシュアトゥリー・ツアー」ミネアポリス公演♪


全米一大きいショッピングモール、モール・オブ・アメリカMall of America 略してM.O.A.にやって来ました!中に遊園地もあります♪
ミネ18



















まずはお土産を含め、お買い物♪
ミネソタ州では衣料品に消費税がかからないので、洋服と靴が狙い目です。

しかし広い。個別ショップの他、デパートのメイシーズ(Macy's)ノードストローム(Nordstroem)シアーズ(Sears)がモール内にあります。
後日プリンスの元妻マイテ・ガルシアがM.O.A.で著書『Most Beautiful』のサイン会をしたようで、結婚当時ノードストロームのフレグランスコーナーがお気に入りの場所だった、と地元紙のインタビューで答えていました。『Gold Experience』の著者である地元ジャーナリスト Jim Walshさんも招待されていましたね。

タッチパネルの案内があるので、目当てのお店の場所はすぐに探せます。
それにしても、アメリカは物価が高くなったのか、円安だからか、コスメやブランド品が高い。日本で買うのと値段が変わらない!むしろ、アマゾンの並行輸入品のほうが安いのでは?

お土産にCOACHのバッグを買いましたが、バッグは免税にならないのか?とお店の人に聞いたところ免税にしてくれました 行かれる方は交渉してくださいね。
ゴディバのチョコレートも高い。空港の免税店にいっぱいあったので、そちらで購入されることをお勧めします。
ミネ6




















結局お土産以外は買わず、もう一つのお目当て ハードロック・カフェ
遊園地の場所にあります
ミネ17



















入り口付近ではグッズを販売しており、レストランは通路を通って奥にあります。
お兄さん店員に聞いたところ、プリンス関連の展示物は通路の所だけとのことなので写真だけ撮らせてもらった。スンマセン
お兄さん「おおプリンスファン!どうぞ、どうぞ。よく日本から来てくれたね!感謝します(I appreciate it)。飲食しなくてもOKだよ〜」と。ええ人やぁ〜❤️

入り口入って通路左側に衣装3点
ミネ15


















ズームアップ
ハード1





















ハード2




















ペイズリーパークで衣装を見た時も思いましたが、プリンスは上半身は程よく筋肉がついて、しっかりした体格だったようです
ミネ12




















通路向かい側には...
「プリンスがロンダ・スミスにあげたギターだよ。」とお兄さんが説明してくれました。ま、書いてあったけど
ミネ7




















ロンダ・スミス
ミネ8




















ジェシー・ジョンソンのギター
ジェシー




















ジェシー
ミネ9




















以上でございます
プリンスに関するメニューは特にないとのことで、展示物を見るだけで満足しました。レストランには他の大物アーティストゆかりの品が展示されているので、せっかくなら食事をするといいかもしれませんね  お店の人も喜ぶだろうし
ちなみに、六本木にあるハードロック・カフェ東京店には、プリンスのクラウドギター(イエロー)が展示されているようです。随分前に行ったので全然記憶にない...

お腹が空いたので、フードコートへ。
ラーメン(アメリカンとラーメンの融合セットメニュー。 ワケわかんない  あまり美味しそうじゃなかった)、中華、タイ料理、ピザやハンバーガー、何でもあるけどおしなべて高い。どのお店のメニューも10ドル以上します。
節約も兼ね毎朝ホテルの朝食を沢山食べるから、そこまでお腹すいてないしなぁ。

で、ここにしました。
プリンスもチャンハッセンでたまに行っていたという、ミネアポリス発のコーヒーショップ カリブ・コーヒー(Caribou Coffee)♪ スターバックスのようなチェーン店で、ミネアポリスのあちこちにあります。ちなみに、これまたプリンスが行っていたというチャンハッセンのデイリー・クイーンは閉店したようです。
ミネ19



















普通のコーヒー。スタバと変わらないかな。
それとソーセージ・ビスケット。メニューはこちら
スーパーや空港のお店にもここのコーヒー豆が置いてありました。
ミネ20

















ファムの方がチャンハッセンの店舗に行かれたときの様子はこちら。プリンスが手に現金を握りしめて(笑)通っていたのはここかもしれませんね。また、Byerly's grocery storeのワイルド・ライス・スープにもチャレンジされたとのこと 
*リンク掲載はご了承いただいております
ミネアポリス・プリンスゆかりの地巡り①


さて、一旦ホテルに戻って荷物を置こうかな。
ん??どこから来たっけ? メトロへの通路がわからなくなり、迷うこと30分💦(地図が読めない女) 途中いろんな人に道を聞きながら遊園地のある場所まで戻り、最後はコスメショップのお姉さん店員に聞くことに。うわぁ、ヒスパニックのアクセントが強い💦
お姉さんから「あなた何言ってるかわからないわ。」と言われガーーン。「こっちだってあなたの言ってることわからないんだけど。」と対抗したけど、親切に途中まで歩いて道を案内してくれ、どうにか通路まで到着!THANK U❤️

今回の旅で少しショックだったのは、現地の人の喋る英語が若干聞き取りにくかったこと。人種や年齢層で独特のアクセントがあって、こちらのペースが狂ってしまう。
帰国してネットで調べたら、中西部の白人が喋る英語は比較的訛りのない標準英語で、全米キー局のニュース番組では中西部出身のキャスターがよく起用されるとのこと。ガーーン!よし英語の勉強頑張るぞ💪と奮起したのは一瞬で... ま、通じればいっかと開き直る
英語なんてただのツールだもん。身振り手振りでも通じればいいのよね 

メトロに乗ってダウンタウンへ
ミネ21














ホテルに戻って荷物を置き、ウーバーで移動🚗

エレクトリック・フェイタス(Electric Fetus)、また来ました!
ミネ22


















アナログ・レコードがずらっと並ぶ
ミネ23


















「あ、彼女また来たよ。」と昨日のおじいちゃんスタッフ(左側)
「ハロー」とニッコリ笑顔で答える。だって居心地いいんだもん♪
ミネ24


















昨日は気づかなかったプリンスコーナー
4月23日(日)にスザンナ・メルヴォワンがお店のイベントに参加したようで、スザンナがプロデュースしたStarfish & Coffeeのグッズも並んでいます。商魂たくまし〜
ミネ29


















反対側
マイテ本「Most Beautiful」、プリンス本「Prince: Life and Times」「Gold Experience」、ポスター、キャンドルなどが並んでいます
ミネ1


















入り口付近のカウンターではお店のTシャツやキャップを販売
ミネ26

















ミネ34



















カウンターにいるお姉さんスタッフに話しかけてみることにしました。

「このお店すごくアットホームな雰囲気で気に入っちゃった。日本にもこんなお店欲しいな。」
「そうでしょう?すごく居心地いいのよ。この周りに他にもいい感じのレコードショップがあるわよ。」

創業当時はアナログレコードショップとして出発し、後にお土産品などのグッズを扱うようになったそう。キャンディー、カード、アロマ、衣類、キャップ....なんでもある!

会話は続きます。
「プリンス、このお店に年に数回来てたんだよね?」
「そうそう。最近だと11月、2月、4月に来たわね。2月に来た時なんて、ブリザード(大吹雪)の日で、お店にプリンス一人だったのよ。私お店にいたから覚えてるもの。かかとがキラキラ光るスニーカーを履いてきてたわ(笑)。」
「え、ブリザードの日に?それって危険じゃない?プリンス一人で来てたの?車で?」
「ドライバーはいたと思うけど、多分そうじゃないかしら。でも、チャレンジャーよね(笑)。」


その時のエピソードはこちら
 「ある吹雪の日に...

16-aprile-2016-prince-electric-fetus-record-store-day


















入り口付近にキャンディーとカードが
アメリカって感じ
ミネ32
















お店を出ると
ミネ37


















プリンスのディスプレイ
ミネ38

























ミネソタが生んだもう一人のスター、ボブ・ディラン
ミネ41


















目の前にはダウンタウンのビル群が広がります
ミネ40


















今度来た時は、他のレコードショップにも行ってみたいな♪

全然似てないけど、イラストが可愛いから買ってしまった「PRINCE A to Z」
プリンス本1













MINNEAPOLIS のページ  右ページにはボブ・ディラン
プリンス本2











亡くなる前、プリンスはミネアポリスでよく目撃されたそうです。
地元のWalmart(ウォルマート/大衆スーパー)で買い物したり、エレクトリック・フェイタスでレコードをチェックしたり、Byerly's grocery storeでお気に入りのワイルドライス・スープを買ったりしているところなど。
プリンスがウォルマート??
プリンス本3


















特に似てねーイラスト
これ誰? 吹いた...
プリンス本4











義理堅い私はプリンスとジュディス・ヒル、ボブ・ディラン(「追憶のハイウェイ61」ルート61 ブルース・ハイウェイ ミネソタ〜ニューオリンズ参照)、セールになっていたブルース・スプリングスティーンのCDも購入しました
サクッとCDを入れる紙バッグが可愛い❤️ すぐ破れそうだけど...
Fetus












(プリンスのツイッターより)

生粋のミネソタン&ローカルマン、ついでにDIY男、プリンス!
18

















2016年2月8日  Electric Fetusのディスプレイを告知
27


























ペイズリーパークかな?Fetusの紙バッグも飾ってある
19

















2015年11月に来店したときの画像かな
22

























ウーバーを呼んで、プリンスが初めてソロでライブをしたカプリ・シアター(Capri Theater)へ向かう🚗 

ん?アフリカ系の住宅地にあるのかな?
ヒップホップを大音量でかけて走る車や、家のポーチで日向ぼっこ(?)しているアフリカ系の人たち。住宅は荒れてないけど、何やら危険な雰囲気が...
前には巡回しているパトカー。フロントシートに白人2人のポリス、その目はまるで獲物を狙うハンター... 怖い(あくまで私の印象です。映画の見過ぎかもしれません)

とりあえず着きました カプリ・シアター(Capri Theater)
怖いから一瞬車から降りて急いで撮影することに⚡️
ドライバーに置いていかれそうになったので、何度も「お願い、置いていかないで🙏」と懇願。

思ったよりこじんまりとしているな
ミネ42



















Capri



















中には
プリンスの写真が飾られているようです
54



























(ネット画像より)
11

















55














(関連記事)
Then and Now: The Capri Theater, where Prince played his first solo show
    〜 The Current  January 10, 2014 Andrea Swensson
    どうやら、ノース・ミネアポリスの一角らしい... どうりで

Capri Theater の歴史(公式サイト)
なるほど、昔はもっと大きい建物だったのね。一部が残っているのか


アメリカは地域によって環境がガラリと変わるので、注意が必要です。人種やクラスによって生活圏が全く違うので、現地の人に聞いても「わからない」と言われることがしばしばあります。ちなみに、ドライバーは白人のおじいちゃんでしたが「この地域のことは知らない。君が怖がるのわかるよ。」と言っていました。ふん、置いていこうとしたくせにっ(怒)。


慌てて車に戻り、出発🚗💨 次はプリンスが常連だったバーへ


やって来ました、バンカーズ・ミュージック・バー&グリル(Bunkers Music Bar & Grill)
  お店HP: http://bunkersmusic.com
ミネアポリスで長い歴史を持つ老舗音楽バー。プリンスが飛び入りで演奏することもあったようです。トレンド・エリアであるウェアハウス地区(Warehouse District)一角ノースループ(North Loop)はずれにあります
ミネ44

























どんなお店だろう? 中が見えないからちょっと緊張
ドアから入ると...

いわゆるアメリカの普通のバーってカンジ
日曜の昼間だけど、お客さんもちらほらいるぞ。バーテンさんはどこだろう?
どうしたものか...突っ立っていたら
ミネ69

























カウンター席の奥から酔っ払いの常連客っぽいおじいちゃん👴が
(バーテンさんのほうを指さして)こいつ、ジョーって言うんだよ。いいヤツだよ。」
と若者グループ(10代?)の相手をしていたジョーさんを紹介してくれた

バーテンのジョーさん❤️
ポロシャツが似合う、いかにもアメリカンなナイスガイ マット・デイモンをがたいを大きくした感じかな。

「ハロー、どこに座ってもOKだよ。奥にポップコーンとパイがあるから、好きなだけどうぞ。」

黒系の地ビールを注文して、奥からポップコーンをとってくる。
若者グループの女の子がやたらジョーさんにちょっかい出して、気を惹こうとしているなぁ。モテそうだもんね

ビールが来ました。うん、美味しい♪ 
アメリカでもクラフトビール(地ビール)が流行っているらしく、ミネアポリス/セントポールにも何種類かあります。ブリュワリー巡りも楽しめるようですよ♪
ポップコーンもバターがきいてて美味しかったな
ミネ46











日本からはるばるやって来て、これで満足して帰るわけにもいかず...
例によってジョーさんに話しかける

「あの、私 プリンスのブロガーで日本から取材に来たんだけど...(我ながらよく言うよ)。」
「ええっ、そうなの!?わざわざ日本から? ありがとう。感謝します(I appreciate it.)。」
「プリンスがこのお店に来てたって聞いて...」
「そういうことなら、どうぞどうぞ。こっちに来て。」

とジョーさんが持ち場を離れて店内を案内してくれることに

奥へ行くと
ミネ70

























左側にライブステージが
ミネ65



















柱にかかった時計は逆回転、左回り
ジョーさんによると「時代を逆戻りする」ことを意味しているそう
ミネ48
















右に行くと、お店で演奏をしている地元バンドの写真や楽器が飾ってあります
ミネ51























ズームアップ
プリンスが飛び入りで演奏した時の写真(逆光で見づらくてスミマセン...)
ミネ49





















地元のプリンスのコピーバンド Chase & Ovation
最近もアメリカの地方都市で公演していましたね。巡業しているのかな?
ミネ52


















プリンスが支援していた地元のベテランバンド Dr. MAMBO's COMBO
この日も夜9時からライブがあるとのことでした。無理...
ミネ53


















プリンスがDr. MAMBO's COMBOのライブに飛び入りで演奏したときのYouTube動画がお店のHPに貼ってありましたが、動画は消去されたようです。90年代中頃と思われるプリンスが、微笑みながら(ニヤニヤしながら)ギターを演奏しているカッコイイ映像だったのですが... 残念。

代わりに、Celebration 2017 でジェシー・ジョンソンが演奏した映像をどうぞ
お店の雰囲気もわかりますよ。わ、ジェシー、プリンスっぽいメイクしてる。ディアンジェロのバックバンドの時と雰囲気が全然違うわ!

Jesse Johnson and friends - "Purple Rain" Live at Bunker's Music Bar & Grill 4/21/17




さらに右奥に行くと...

コーナーにプリンスの特等席が
ミネ55

























ズームアップ
ミネ57

























ミネ60

















ジョーさん「いつもここに座ってたよ。名前忘れたけど男性と2人で来てたなぁ(カーク・ジョンソンかな?)。
「プリンス、よく来てたの?」
「しょっちゅう来てたよ。プリンスは地元のアーティストを支援していたからね。」
「何を食べてたの?」
「基本的に何も食べないよ。唯一注文するのはスキムミルクぐらいかな。」
 
 スキムミルク...  お子ちゃまかっ じゃなくて、さすが健康志向

他のお客さんを待たせていたジョーさんは持ち場に戻り(その気持ちに感謝🙏)、しばし余韻にひたる

プリンス目線で見たステージ
左側にはビリヤード台が何台かあります。アメリカのバーでは必需
バンカーず


















エレクトリック・フェイタスに続いて実際にプリンスと会ったことのある人から話を聞いたせいか、そしてプリンスの気配を感じるせいか、プリンスがとても身近に感じる...
もう泣きそう

メモをとり、ジョーさんにお礼を言ってお店を後にする

ジョーさん、メモをとっている間も何回かこちらを気にかけてくれて、めっちゃいい人
ミネソタンはフレンドリーで親切な人が多いなぁ❤️(ブログには書いてませんが、メトロの駅員さん、メトロの乗客、道を歩く人他気さくに話しかけてくれる人多々)

今度来たときはバンドの演奏も聴きたいな
ミネ72























ノースループ(North Loop)中心地へ
ミネ73



















酔っていたのもあるけど、感傷的になって、大泣きしながら歩いた

「プリンス、なんで死んだんだよぉ〜〜。」 といい大人がわんわん泣きながら
 ストレートな表現でごめんなさい。でもこの言葉しか出なかった

本当になぜ?と悔しい気持ちでいっぱいになって...。だって、これだけ地元のアーティストを支援して、地元の人達からも愛されているのに... なんでだぁ〜〜 納得いかないよ。


気持ちを切り替えて、オーガニックフードのスーパー、ホールフーズ(Whole Foods Maket) へ。お値段若干高めですが、この間 Amazon が買収したので、少し安くなるかもしれませんね。
ミネ74


















お目当てのグラノーラを探す
ここの美味しいのです♪(日本にはまだ入ってきてない)
ミネ75
















お客さんも、健康志向でお洒落な人が多いな。
量り売りのお惣菜を買って、今夜のディナーにしよう♪

さて、お土産も買ったしお会計ね
...と、レジ前にTIME誌のプリンス追悼号が。お願いやめて... ふたたび涙腺崩壊

ミネ76



















気分転換にダウンタウンまで歩いて帰ろう🚶

メトロがのんびり走っている。日差しが泣いた目にまぶしい...
昨日と今日はプリンスの気配を至る所に感じて、センチメンタルになってしまった。

ミネ77


















今度来た時はレンタル自転車にも乗ってみたいな(ネット画像より)
generic-nice-ride-bikes















ミネアポリス、全然緊張しないで、リラックスして過ごせたな。人も温かいし気に入ったわ。もう第二の故郷よ(笑)

また来ます!!

(つづく)


(参考記事)
デルタ航空機内誌SKY 旅のブログ:アメリカ最大のショッピングモールで買う、遊ぶ
デルタ航空機内誌SKY 旅のブログ:期間限定!モール・オブ・アメリカでプリンスの特別展開催中
  → 終了しました。ハードロックカフェ内の展示紹介あり