8月7日(月) キザイザ・ジョーンズのブルーノート東京 2nd公演を観ました。


月曜日の夜から...やって来ましたブルーノート♪
大雨も止んで、いいカンジ。
このところ、小さい会場でのライブが病みつきになっています。

入り口にはキザイアのサイン入り写真
キザイア
























ライブレビュー、その前に
昔ハマったキザイアのアルバムBlufunk Is a Fact!」(1992年)
* You tubeにフルアルバム音源がアップされています

ナイジェリア出身、ブルーファンク(ブルース+ファンク)の祖
日本でも売れたらしい。今聴いても超カッコイイ!!
keizia

















25年ぶり(!)に聴くキザイア、どうかな。ドキドキ、ワクワク❤️
今回は本人の意向で、バンド編成ではなくソロ公演とのこと。

ちなみに、前日のライブ・レポートはこちら
http://www.bluenote.co.jp/jp/reports/2017/08/07/keziah-jones.html

うわ、セットリストが違う。この人も事前にセットリストを作らないで、その場のフィーリングで何やるか決めるタイプなのね 
先日リリースしたプリンスのカバーJoy In Repetitionはまだやってないな。今夜はお願いします🙏 お、「When Doves Cry」はやってくれたのか。もちろん、プリンスのこと好きよね

テーブルはステージ斜め最前列。じっくり見られるぞ〜❤️ ぐふふ
後ろの映像は、9月に来日公演を控えるモノネオン(ハーヴェイ・メイソン御一行様)
キザイア2




















9時定刻どおりにキザイア、ストールを羽織って登場。

うわあぁぁぁぁ〜〜 カッコイイ✨ いい男✨
背が高くて身体が引き締まってる。余分な贅肉は一切ない。
洋服のセンスも抜群、スタイリッシュ〜〜✨
まるで
 ゴージャスな黒豹

野性味がありセクシーながらも、洗練されていて高貴なただずまい。
それもそのはず、この方ナイジェリアの王族の出なのよね。うっとり

いつも思うのですが、やはりアーティストって出てくるだけで"オーラ"があるというか、一般人と全く違うんですよね。ジャジャーン✨ってカンジで。もう別の生き物としか言いようがない。

ちょうど座っていたテーブルの後ろの通路を通ったので、私達のテーブルは一同「イエ〜イ!」と拍手喝采で迎えたところ、キザイアうつむき加減に「クスっ」と笑う。もしかして... かなりシャイ?あなたもですか

身軽にひょいとステージに上がり、ストールをとって、椅子に座りスタンバイ。

うわっ、このファッションは上級テクだわ!
白の上下、上は白のパイル地パーカー(チャックを少し下げて胸元が見える)に、下は白のコットン・スリムパンツ(7分丈)
足元は白地に紺の細いボーダーが入ったエスパドリーユ  頭はトレードマークの帽子を斜めかぶり。色はニュアンスのあるサンドベージュ、やや光沢あり。めっちゃ、センスいい

さすが、おフランス仕込み。着る人によってはバカボンのパパみたくステテコ・ファッションになりかねないところを、キザイア、オシャレさんだけあって、さすが上手に着こなしてます(よくお召替えするらしい

驚くべきは手足の長さ。ズボンからのぞく褐色の脚は、長くて細くてしなやか、程よく筋肉がついている。ああ、これはDNAのなせる技。日本人には想像のつかない骨格、体型。モデルでも十分イケます。49歳で驚異の若さ✨ これが同じ人間?信じられない...世界は広い!

ここで高橋幸宏さんの言葉を思い出す。

「趣味のいい音楽をやる人は、趣味のいい服を着るというのはほぼ間違いない。」
  〜心に訊く音楽、心に効く音楽 私的名曲ガイドブック』より一部引用

深く同意。ファッションにはその人の生き方が出るもんね。

ファッションの記述だけで長くなってしまった...
続きはまた今度。果たして「Joy In Repetition」はやってくれるのか。


まさにこんなカンジでした。座布団一枚!

53
































腹筋割れてる(6パックどころかもっと!)でもシャイ。
こりゃ、モテるわ

keziah-jones-2
















Nova Sessions • Keziah Jones • 27 9 2013

月曜日の演奏はこんなカンジ。ソロだったけど


(参考記事)
・ブルーノート東京初登場、キザイア・ジョーンズ
 http://www.bluenote.co.jp/jp/news/features/6361/

・キザイア・ジョーンズ、ブルーファンクを生み出す "Rugged"なエアレコ・ギター
 http://www.bluenote.co.jp/jp/news/instrument/6470/

 このギターも使っていました。