9月に横浜赤レンガ倉庫特設会場で2日間にわたり開催されるブルーノート・ジャズ・フェスティバル

過去のフェスのレポートを検索していたら、、

2015年にロバート・グラスパー・トリオが出演した際、オープニングがこの曲↓だったそうで大興奮!
グラスパー、やっぱりわかってるじゃな〜い

始まりからプリンスの「サイン・オブ・ザ・タイムズ」で、そこからもうほどよいスリルとほどよい優しさがいいバランスで伝わってきて...(ネットより一部引用)

(関連記事)
ロバート・グラスパー "Sign O' The Times"(アルバム未収録)のライブ音源を公開
* 映像あり 
 「プリンスは他のアーティストがカバーを録音するのを許さなかった。そんなの奇妙だよね(Weird)。ウーゥ(マネしてる)」(アルバム『Covered』に収録するのに、プリンスから許諾がおりなかったことに言及して)
 へ〜こんなカンジになるんだぁ。。。Wow!クール 最後のほうで「Afro Blue」を挿入しています。
それにしても、ステージとオーディエンスが近い!かしこまらず、普通に声をかけ合う。これが海外のステージです。アーティストだって同じ人間ですものね。この距離感いいなぁ。。日本も大分こんなカンジになってきていますけどね


ブルーノート・フェスのステージでは、途中から特別ゲストとしてパット・メセニーが参加したそうです。最高のカード✨  見たかったなぁ。。

ちなみに、グラスパーのオールタイム・ベストはマイケル・ジャクソンの『Off The Wall』とのこと(Jazz The New Chapter 4に掲載されているインタビューより)。ライブでも去り際に「Don't Stop 'Til You Get Enough」をかけて、ノリノリに踊ってたもんね♪

グラスパーがマイケルで、ケンドリックがプリンス、、うーん、わかる気がする。。