今日もノンストップ Disc 2でした♪
一度ハマるととことんハマる... 当分これだわ

正直、最近モチベーションが下がっていたのです💦
新進アーティストのライブに行って🏃最先端の音を聴くたびに、プリンスの音はもう古いのかな?若者には届かないのかな?と自信無くして...  

なんだかんだ言っても今の若者は耳が肥えており、いい音楽には貪欲です。そして、かく言う自分もプリンスの”すごさ”がいまいちピンときてなかった。すごい人沢山いるし...って。
無知って恐ろしいですね。 

Disc 2を聴いて、そんな懸念は払拭されました! スバラシイ、Wonderful!!

長い曲が多いのですが、これがいい(ブートを聴いていなかった自分には、バージョンの情報はわからず。ご容赦くださいませ)
プリンスの真骨頂炸裂 ドラムマシーン、シンセサイザー、ギターの使い方がいちいち効いています。ビートもテンポが早く重めで、カッコイイ。ボーカルのテクニックも素晴らしい。モノローグ(独白)あり、雄叫びあり、喘ぎ声あり、バックボーカルとの絡みもいい。効果音の使い方や逆回転などの音加工も最高。じっくり聴くと、さらにいろんな音が聴こえてきて、ビックリします。この人、マジすげ〜〜〜と(笑)。

自由にのびのびやっていて、才能がキレッキレで、まさに I am MUSIC(我は音楽なり)
これが本来のプリンスなのでしょうね。決して枠におさまらない。
まぁ器用だから、長尺・短尺どちらでも行けるのでしょうけど。

ペイズリーパークでのジャムセッションなんかも、延々とやっていたようですね。付き合わされるほうはたまったもんじゃないですが...
Disc 3に収録されている「I Would Die 4 U」の12インチバージョン(ラテン調)も、元は30分以上あるそうです。クラシックかっ、ジャズかっ
フュージョン系ジャズに行き着いたのもわかる気がします。


...という訳で、聴けば聴くほど発見があるアルバムなので、当分この話題になるかと思います。

海外メディアのレビュー記事も続々と上がってきています。日本はこれからかな。

Prince's Purple Downpour: A Review of the Expanded "Purple Rain"
 〜 New Yorker  June 25, 2017

   *「Dig It If You WIll Picture」の著者ベン・グリーンマンのレビュー。やはりロング・バージョンの評価が高いです。

Album of the Week: Prince's 'Purple Rain' Deluxe Edition
 〜 Billboard  June 23, 2017


Prince: Purple Rain Deluxe - Expanded Edition
 〜 Pitchfork  June 25, 2017

コメント欄をしばらく開放しますね。よかったら「パープル・レイン DELUXE」の感想などお聞かせください♪ 


(関連記事)
Disc 2