ペイズリーパークでプリンスに会ったら、気が抜けてしまいました。

毎晩夢にも出てくる。。
やはり強烈な体験でした。音作りに心血を注いだスタジオは、明らかに "気"が 違っていたのです。しばらく動けませんでした。
そして、理屈ではなく、最期まで一生懸命生きたんだな...とわかりました。安心した。

レポートは少々お待ちくださいませ。

ペイズリーのツアーブックを読んでいたら、やはりミュージアムとして公開することはプリンスの念願だったようですね。だからこそ、ずっと存続して欲しい。何かあればミネアポリスに飛んで、プラカードを持ってデモ行進します💪

このツアーブック、いい文章だな、と思ったら

  WORDS   Andrea Swensson(アンドレア・スウェンソン)

とありました 
最近のプリンスの記事を書いていた地元の音楽ライター。プリンスの信頼も厚かったから、カーク・ジョンソンが指名したのでしょうね。彼女のような人がいてくれて良かった!プリンスへの真のリスペクトと愛を感じます💜