またこんな本を買ってしまいました...

CROSSBEAT: ニューオリンズ・サウンド 追悼:アラン・トゥーサン』 

アラン・トゥーサンの記事はゆっくり読むとして、、
Dr.ジョン、ザ・バンドのロビー・ロバートソン、ネヴィル・ブラザーズ、リトル・フィート、ポール・サイモン、エルヴィス・コステロ...
ああ、好きなアーティストが皆繋がってる...ニューオリンズと。

Dr.ジョン曰く、「異なったグルーヴをミックスすると独自のものを作り出せる。それがニューオーリンズで俺たちがやっていることなんだ。」 
やはり、いろんなジャンルの音楽の融合なのですね...

そして、"歩く音楽百科" エルヴィス・コステロは、アラン・トゥーサンともコラボしてアルバムを制作していた模様。全方位の興味・好奇心、ノンボーダー。どこでも出没
毎年5月に開催されるニューオリンズ・ジャズ・アンド・ヘリテージ・フェスティバル。ピーター・バラカン著『魂のゆくえ』によると、音楽の幅の広さでも、質の高さでも群を抜いているそうです。
それでは、長年メインステージ最終日のトリを務めてきたネヴィル・ブラザーズのメンバー、"黄金の歌声"✨と呼ばれるアーロン・ネヴィルの曲をどうぞ。こぶしが独特。もちろんニューオリンズ出身!

リンダ・ロンシュタットのアルバムに参加して、グラミー賞ベスト・デュオ賞を受賞。
リンダも多才なアーティスト。いつか記事を書きますね。プリンスのことも大好きだったとコメントしていました。

Linda Ronstadt And Aaron Neville - Don't Know Much
熟年夫婦っぽい設定...



アーロンは「ダリルの家」にも出演しており、ホール&オーツの「One on One」をデュエットしていい感じでした。ケイジャン料理も美味しそう🍴
Episode 72: Aaron Neville  

2016 New Orleans Jazz & Heritage Festival(2日目)にて
New