深夜に坂本龍一さんのラジオ番組を聞いていたら、「ディアンジェロのライブ行った?」という話題が上がり、久しぶりに存在を思い出しました D様ゴメン...  
プリンスの一件以来、他のアーティストをなおざりにしている。反省... 😞🙏


昨年3月に観たディアンジェロのパシフィコ横浜公演、1時間近く待たされましたが. . . 素晴らしかったです!!
今まで観たライブのベスト5に入るかも。大入り満員。客層は若者から中高年と幅広く、男女比は男性がやや多かったものの、女性も多かった。外国人も結構いましたね。

目当てのD様はもちろん素晴らしかったのですが、、
 
 おや? リードギターの人すっごいオーラ✨✨✨  ただ者じゃないっ!! 

定位置からほとんど動かず、置物のように立ってギターを弾いている御仁。色が黒くて顔がよくわからないけど、ただずまいが明らかに他の人達と違う。誰?
家に帰って速攻調べたところ、、
ザ・タイムの元メンバー、ジェシー・ジョンソンでした。

現在はディアンジェロが従える ザ・ヴァンガード(The Vanguard)の中心メンバーとして活躍しています。D様もジェシーをとても頼りにしているようで、バンドのリーダー格になっているようです。

ジェシー、とにかくライブで光ってました✨

「こんな上手いギター弾く人見たことない!!」
とビックリしたのです。

ちなみに、ジェシーはプリンスのことをすごくリスペクトしていたようで、当時ザ・タイムのメンバーが次々とバンドを無言で去る中、唯一プリンスに去る理由を述べた人物のようですね(ネット情報より)。プリンスに憧れて、ギターの技術を磨いたんだろうなぁ...。

ジェシーのソロ演奏があるこちらの映像をどうぞ

D'Angelo & The Vanguard - The Charade (Live at Outside Lands Festival 2015)
画面右側にいるのがジェシー。歪んだ音が特徴的。光りモノの派手なギターがお好みのよう



ディアンジェロは一時引きこもりのようになって創作活動を休止。
2015年に16年ぶり(!)の新作Black Messiah(傑作!)を発表、その後精力的にツアーをしています。
ラジオから流れてきた新曲↓を聴いた時、「プリンス!? カッコイイ〜」と勘違いしてラジオにかじりつきました すっかりプリンスから遠ざかっていたもので...。D様の曲とは知らず

D様は影響を受けたアーティストに"プリンス" を堂々と挙げるのですが、それも印象的でした。「プリンスから影響を受けた」という外国人アーティストは、それまで聞いたことがなかったので。ちょっと名前を挙げるのに恥ずかしいところがあるのではないかと...。昨年の一件でそんな認識は改めましたが。

アラン・リーズも、一時ディアンジェロのツアー・マネージャーを務めていたようです。本当にブラック音楽が好きなのですね。JBのマネージャーを志願した時は、物好きな珍しい白人がいると思われたそう(映画『ミスター・ダイナマイト』より)。


一瞬プリンス??と思った
D'Angelo and The Vanguard - Till It's Done (Tutu)



ついでにもう1曲。渾身の熱唱。雄叫びあり...感動。ジェシーもいます。
ドラムはクリス・デイヴ、ベースはピノ・パラディーノ、ギターはアイザイア・ジャーキー、トランペットはキーヨン・ハロルド...など個々で活躍する超一流ぞろい。皆いい表情してますね✨
D'Angelo LA live 2015 - "untitled: how does it feel..."



ちなみに、D様、JBやプリンスがやってたマイクスタンド倒し→戻すパフォーマンス連発してました。すっかり体型がたくましくなったので開脚はムリですが...


(ご参考まで)
・アラン・リーズ、JB、プリンス、ディアンジェロについて語る
いま、ジェイムズ・ブラウンを読むということ

Jesse Johnson オフィシャルサイト
   Jesse Johnson FacebookTwitter 
 若い頃はプリンスにそっくり!影響を受けまくったのでしょうね。

Celebration 2017 
でのジェシー・ジョンソンの演奏
お、プリンスっぽいメイクしてる。ディアンジェロのバックバンドの時と雰囲気が全然違うわ!
Jesse Johnson and friends - "Purple Rain" Live at Bunker's Music Bar & Grill(プリンスも常連だった老舗ミュージックバー)4/21/2017




(関連記事)
星を継ぐ者