Around The World 〜 ラズベリの部屋

洋楽三昧、ときどき映画&アート
Twitter: https://twitter.com/Raspberry_0429

「ククルクク・パロマ」by カエターノ・ヴェローゾ


今日も暑い

何度かカエターノ・ヴェローゾをとりあげましたが、映画『ムーンライト』にも使われていたカエターノの曲をどうぞ。本当に美しい曲です。
続きを読む

『ELEMENT.』のMV


ケンドリック・ラマーのMVはいつも映像のクオリティが高くて、映画好きは必見ですが、今回も素晴らしいのでご紹介します。

映画『ムーンライト』を想起させるようなシーンがあったので(子役俳優も同じっぽい)、同作品のジェンキンス監督かな?と思ったら、ディレクターは Jonas Lindstroem and the little homiesとのこと。この人要チェックだわ。ビジュアルが素晴らしい!!

(参考記事)
Kendrick Lamar's Genius Isn't Just Verbal ー It's Visual Too
 〜  WIRED  July 7, 2017


Jonas Lindstroem公式サイト 
ベルリンとロンドンを拠点に活動する写真家&映像監督
わ〜、作品がマジ素晴らしい...続きを読む

キザイア・ジョーンズがプリンスのカヴァーをリリース


キザイア、キタ〜〜
もちろん、プリンス好きよね♪

キザイア・ジョーンズがプリンスのカヴァー「Joy In Repetition」をリリース
 〜 amass  7月8日 *視聴可 、パフォーマンス映像あり
続きを読む

プリンスのオフィシャルYou Tube チャンネル開設



プリンスのオフィシャルYou Tubeチャンネルが開設、ミュージックビデオやライヴ映像が公開中
 〜 amass 7月8日


Princeチャンネル
https://www.youtube.com/user/prince

公式アカウントとのこと。現在、「Let's Go Crazy」のミュージックビデオやライヴ映像が計6本観れます。

これなら堂々と見られるわ

公式Facebook
https://www.facebook.com/princeofficial/


サマーソング「When 2 R In Love」 歌詞


(リユース記事で失礼します

いよいよ夏本番🏄
夏に聴きたい曲✨ということで、「When 2 R In Love」を。

プリンスの意志を尊重して音源をアップすることは控えます。代わりに歌詞をどうぞ。思わずクスっとします。プリンス、よくやるよ〜と これぞ、プリ

アルバム『Lovesexy』は学生時代、夏休みにガンガン聴いたので、夏のイメージがあるんですよね〜

---------------------------
(2016年9月15日)

『ピンク・カシミア』の続編?? 
アナ・ガルシアとのことを歌ったと思われる『When 2 R In Love』の歌詞和訳行きます!

メロディーラインが美しくて、効果音、コーラス共に技巧を凝らしています。
ペイズリーで一人この音を出していたのだろうか...クスっ

"クラフトワーカー"プリンスの本領発揮作。
純粋に性愛の歓びを歌っている曲です。ご堪能くださいませ。
続きを読む

ロバート・グラスパー「Sign O' The Times」


9月に横浜赤レンガ倉庫特設会場で2日間にわたり開催されるブルーノート・ジャズ・フェスティバル

過去のフェスのレポートを検索していたら、、

2015年にロバート・グラスパー・トリオが出演した際、オープニングがこの曲↓だったそうで大興奮!
グラスパー、やっぱりわかってるじゃな〜い

始まりからプリンスの「サイン・オブ・ザ・タイムズ」で、そこからもうほどよいスリルとほどよい優しさがいいバランスで伝わってきて...(ネットより一部引用)

(関連記事)
ロバート・グラスパー "Sign O' The Times"(アルバム未収録)のライブ音源を公開
* 映像あり 
 「プリンスは他のアーティストがカバーを録音するのを許さなかった。そんなの奇妙だよね(Weird)。ウーゥ(マネしてる)」(アルバム『Covered』に収録するのに、プリンスから許諾がおりなかったことに言及して)
 へ〜こんなカンジになるんだぁ。。。Wow!クール 最後のほうで「Afro Blue」を挿入しています。
それにしても、ステージとオーディエンスが近い!かしこまらず、普通に声をかけ合う。これが海外のステージです。アーティストだって同じ人間ですものね。この距離感いいなぁ。。日本も大分こんなカンジになってきていますけどね


ブルーノート・フェスのステージでは、途中から特別ゲストとしてパット・メセニーが参加したそうです。最高のカード✨  見たかったなぁ。。

ちなみに、グラスパーのオールタイム・ベストはマイケル・ジャクソンの『Off The Wall』とのこと(Jazz The New Chapter 4に掲載されているインタビューより)。ライブでも去り際に「Don't Stop 'Til You Get Enough」をかけて、ノリノリに踊ってたもんね♪

グラスパーがマイケルで、ケンドリックがプリンス、、うーん、わかる気がする。。



365日 プリンスソング「ジョン・ブラックウェルJr.」


連載中の365日プリンスソング、、時間がなくて全ては読んでいないのですが、この文章は感動したので和訳しました。

How John Blackwell Jr. Helped Prince Reach a Transformative Moment
 〜 Diffuser  July 5, 2017   *「Everywhere」の音源あり

続きを読む

パット・メセニー「Still Life (Talking)」


これから夏本番ですね。福岡と大分大丈夫かな...
フュージョンの定番、パット・メセニーの名盤Still Life (Talking)よりこちらの曲をいかがでしょうか。涼やか〜🏄

正直フュージョンはずっと苦手で、このアルバムくらいしか持ってなかった...

今時代はフリージャズ、フュージョン!プリンスのジャズアルバムも聴きたかったなぁ。
モノネオン達とペイズリーパークで演奏している映像、すっごく楽しそう♪(プリンスのインスタグラムに動画がアップされています)
続きを読む

ビートを刻む


最近ドラム音に注目しています。

サンダーキャット、ロナルド・ブルーナーJr.、ロバート・グラスパー・エクスペリメントのライブを立て続けに見て、それぞれドラマーの超絶技巧に驚嘆し、"ビート"って実は何よりも楽曲の中枢を担う要素なのではないか、、という思いを強くしていました。

プリンスも世界中のドラムマシーンを試したけど、リン・ドラムの古いモデル(LM-1)を使い続けた。ビートにこだわっていたのでしょうね。『パープル・レイン DELUXE』ではリン・ドラムが大活躍!

そんなプリンスのもとで長年ビートを刻んできたジョン・ブラックウェル Jr.がみまかられました。
続きを読む

BAMBI by モノネオン


サンダーキャットが大ブレイクしていますね!

タワーレコード2017年上半期チャート発表
 洋楽部門堂々8位!しかも、インディーレーベルからは唯一のチャートインらしい

Drunkは本当にいいアルバム✨なので、多くの人に聴いていただきたいです。40代、50代もこのカンジ、好きだと思います! ウェストコースト&メロウ🌴

(「ロッキンオン 8月号 夏フェス別冊ガイドブック」より引用)
サンダーキャットは現在の音楽シーンにおいてキーマンの1人といえる存在だ。(中略)しかめ面した顔の上半分だけを水面から出したジャケットは強烈だった。だが、実際の彼は強面というわけではなく、むしろぬいぐるみみたいな愛嬌のあるルックスをしている。

吹いた
9月にはFirst Avenueでの公演が予定されています。行きたい!!!


もう1人の超絶ベース・テクニシャン、モノネオンも忘れずに 
老け顔だけど、弱冠26歳。売り出し中!ヨロシクっ

「BAMBI」を弾くモノちゃま💜
お、サンダーキャットもツイッターでいいねしてるぞhttps://twitter.com/MonoNeon/status/882210022691934208
この超絶テクもどうぞ
https://twitter.com/MonoNeon/status/878355370107965442

そういえば、サンダーキャットは「BAMBI」が収録されているアルバム『Prince(愛のペガサス)』で、プリンスが裸でペガサスに乗っているジャケット写真がとてもアメージングだった、、と The Currentのインタビューで答えていました


ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):2日目



2017年5月3日(水)〜5月9日(木)  ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと)

【2日目】5月4日(木)
続きを読む

ビル・ウィザース「Ain't No Sunshine」


じめじめして嫌な季節ですね

映画『約束の地、メンフィス 〜 Take Me To The River 〜』 で、セッションのシーンで演奏していた有名な曲をどうぞ。

Ain't No Sunshine(邦題:消えゆく太陽)  - Bill Withers


Ain't no sunshine when she's gone
Only darkness everyday

彼女が去ってから  太陽だって輝かない
毎日がまっ暗闇だ


これは、まさに『Dark』...

太陽よ出ろ!!
続きを読む

「ロッキング・オン 8月号」掲載プリンスのインタビュー原文


「ロッキング・オン 8月号」
●PRINCE
レコード会社との軋轢、自身の快楽主義、宗教への帰依――私たちを魅了し、惑わせ続けた稀代のアーティスト、プリンスがその真意を述懐した2004年のインタヴュー。加えて、本人が生前にリマスター監修した『パープル・レイン DELUXE』のレヴューも
https://rockinon.com/news/detail/162909

インタビューの原文記事はこちら。もっと長いです。
ロッキング・オンの和訳はしっかりしているので信用していますが、原文のニュアンスを知りたい方はどうぞ!
Pcine interview: 'I didn't let fame fule me'
 〜 英 The Telegraph



rokin'on BOOKSでプリンスも出版されることを期待しつつ。。

やはり「ロッキング・オン」は考察が鋭くて好きです 文章多いけど...
昔は同人誌と間違えられてたって、、ウケた(増井修 著ロッキング・オン天国より)


『約束の地、メンフィス 〜 Take Me To The River 〜』鑑賞


ミシシッピ・デルタ...  聞いたことあったけど、具体的には知らなかった。
* 興味のある方はウィキペディアでどうぞ。

さて、『約束の地、メンフィス 〜 Take Me To The River 〜』を観てきました。

一言、音楽って素晴らしい!✨ 

レジェンドが沢山でてきてそれだけでも感涙モノですが、、

ジャンルを超えた融合、ジャム・セッションの素晴らしさ、アメリカ音楽の歴史、次世代への継承、人種問題、レコード・レーベル STAXレコードの隆盛と崩壊...

いろんな事が盛り込まれています。
ブルースやソウルファンだけでなく、全ての音楽ファンに見ていただきたい作品です。
アメリカ音楽の懐の深さに驚くこと間違いなし!
続きを読む

ロナルド・ブルーナーJr.、プリンスについて語る(更新)


ロナルド・ブルーナー・ジュニア、プリンスについて語る (パート2) 新着!
https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12287608803.html

RBJが一人でドラムの練習をしていた時に、プリンスがじーーっと凝視していたエピソードがすごく好きです。光景が目に浮かぶ。プリンスは忍者みたいだった(笑)。
そう言えば、サンダーキャットも『アンダー・ザ・チェリームーン』の好きなシーンを、The Currentのインタビューで答えていました。

ジェロームとプリンスが見つめ合って張り詰めているシーンでカメラがズームイン。今までの人生の中で、最もファニーなシーンだった(笑)。


一緒に映画館で見たのかな

シャンパンをラッパ飲み...  RBJは超元気男。エネルギーの塊みたいな人でした。ドラムの音大きくてビックリしたもん!!
でも、女性には優しい また来日して欲しいな♪

(関連記事)
サンダーキャット、プリンスを語る *The Current  インタビュー音源、ライブ音源&映像あり

-------------------
(6月28日)

吉岡さんのブログにアップされました!
ラジオで話してくださった内容より詳しい。愛を感じる...
お忙しい中、有難うございます🙏

ロナルド・ブルーナー・ジュニア、プリンスについて語る (パート1)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12287477588.html

プリンスのダイアモンド・ベイビー... ✨✨✨
ロナルドは陽気で素直、エネルギッシュ、そしてイケメン❤️  皆から可愛がられそう。
これからも応援しなくちゃ!

ビリー・コブハムの『ストラタス』、、
フュージョンじゃん。渋い...

Rainbow Childrenも聴きたいな。高騰してる...

InterFM897「

嘉衛門 presents Soul Searchin' Radio


次回は7/11(火)夜9時から生放送!  * radikoで聴けます(タイムフリー録音可能)

(関連記事)
5月26日 ロナルド・ブルーナーJr.、ブルーノート東京公演



livedoor プロフィール
メッセージ(管理人のみ閲覧)

名前
本文
ギャラリー
  • 明日12日(木) のBS「プロファイラー」はプリンス!!
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
  • ミネアポリス旅行記 (プリンスのあしあと):5日目
Visitors
  • 累計:

  • ライブドアブログ