Around The World 〜 ラズベリの部屋

洋楽三昧(ほぼプリンス)、ときどき映画&アート

デルタ航空機内誌SKY「プリンス・トレイル」


「デルタ航空機内誌SKY 旅のブログ」プリンスの記事がいくつかありました。
羽田空港→セント・ポール空港直行便✈️が開通しましたものね

「天才プリンスの足跡をたずねて:ミネアポリスのプリンストレイル」
→ プリンスが通った映画館チャンハッセン・シネマ も出てきます。
  確か映画館を貸し切って、深夜に観ていたんですよね。 

Chanhassen-cinema-1280x899


















He loves Sex.


Jim Walsh著『Gold Experience』 でこの文章を読んで、ストンと腑に落ちたというか、プリンスって本来そうだったよね、、と思い出しました

日本人の批評家の解説なんかを読むと、プリンスを難しく分析しており、文章もまどろっこしくて、結局何が言いたいのかわからないことが多いのですが、英語で言うとあ〜らこんなに単純明快。クリアー。以上 
最近は禁欲的な生活を送っていたようですけどね...
続きを読む

Around The World In 80 Days


『八十日間世界一周(原題:Around The World In 80 Days)』

今更言うまでもなく、プリンスのアルバム「Around The World In A Day」(略して、アラワー)のコンセプトはこの映画/小説からヒントを得ているのですよね。ロゴがまんま...

皆様それぞれ”特別な1枚” があると思うのですが、私にとってプリンスと言えばこのアルバム。別格です。極端な話、これさえあれば充分でございます。27歳(!)のプリンス、キレっキレの才能✨がほとばしっていて、素晴らしい!! 
当時LPレコードが擦り切れそうになるまで聴きました。のめり込みました、プリンスワールドに✨
続きを読む

最もストリーミングされた曲は「パープル・レイン」


今日、東京は紫の雨が降っています☔️ 風もあり、荒れています。降りてきてるのかな?✨
 
今夜の「パープル・レイン」絶響上映 in Zeppダイバーシティ東京 、
家の用事で行けなくなりました。お留守番です  
First Avenueでのライブを疑似体験したかった...

気をとり直して

最もストリーミングされたプリンスの曲は「パープル・レイン」、意外な結果も
 〜 Billboard Japan  2月20日


「Little Red Corvette」はやはり人気がありますね 
先日もラジオで、"一気に違う次元に連れて行ってくれる曲" を特集していて、アメリカ人DJが「パープル・レイン」とこの曲を挙げていました。

「ダーリン・ニッキー」もやっぱり皆好きななのね

Prince On-Demand Streams Surge By Over 6,300% In First Two Days
 〜 Forbes   February 16, 2017


6,300% 増って、、複雑な心境...



Welcome 2 The Dawn


日本語で読んだ時は、この発言に気がつきませんでした

 The Dawn = 意識の夜明け という意味だったのですね。
続きを読む

Jim Walsh著『Gold Experience』読了


今日集中して読みました

1994年〜2002年のミネアポリスにさかのぼって、プリンスのコンサート、ペイズリーパークでのショー(一時は毎週金曜日の深夜/土曜日の早朝にショーが行われていたらしい)やリハーサルを目の前で見てきました。ジムさんを通してプリンスと対話してきました。また、プリンスの地元ファンにも会ってきました...

と疑似体験ができます。回想録じゃなくて、当時のコラムというのが魅力ですね 気分は90年代のミネソタン

2000年代のジムさんのコラムも読みたいなぁ。
続きを読む

ジャミロクワイのチケット本日発売→即完売


チケットぴあで予約枚数終了...って人気あるのねー。
そして、早速チケット売買サイトに出品されています

追加公演に期待しよう。続きを読む

パープル・レイン本


グッドタイミングでこの本も発売されますね。

2月25日発売
プリンスとパープル・レイン(音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏)アラン・ライト著

あ、この翻訳者の方いいんじゃない?ジムさん本に。

しかし、どんだけ本が出るんだか。
ビートルズ本にはまだまだ追いつかないからいいけど 

 

『Gold Experience』Jim Walsh著 到着!(更新)


羽生くん、今日はちょっと動きがかたかったな... ブランクあったからかな。
フリーで頑張れ💪

ところで、プリンス、やはりジムさんの記事を読んでペイズリーに呼び出してました

AN ODE TO PRINCE: Minnesotan's book chronicles following musician in the '90s
 〜 Duluth (ミネソタ州ダルース)News Tribune  February 16, 2017

(一部抜粋)
ウォルシュが公開書簡でプリンスに「目を覚ませ。ミューズを感じるんだ」と書いてから約17年が経つ。 * ミューズ...《ギリシャ神話》ミューズ、ムーサ、智の女神◆文芸、音楽、芸術、学問などをつかさどる女神たち

ウォルシュはセントポール・パイオニアプレスに寄稿したコラムにこう書いた。
「こうしよう。君の誕生日に私は贈り物が欲しい。インタビューやペイズリーパークのツアー、君の洋服の裾は望んでいない。最高のレコードが欲しいんだ。君がベストを尽くしたレコード、本物のレコード、うんともすんとも言わない少年バンドやマヌケども、ディーバやプラヤ(複数の女性とつき合う男)を完全にびっくりさせるようなレコードがね。」

「目を覚ませ。ミューズを感じるんだ」はウォルシュの最高のコラムでないことを彼自身認めている。「何というか、捨てられた恋人というカンジだね。」

ウォルシュは長年に渡ってこのコラムのことを再考してきた。このコラムにより、現実離れした経験をすることになったのだが。
コラムが新聞に掲載された日(2000年6月2日)、ウォルシュはペイズリーパークに招待され、最終的にはプリンスと彼の友人であり隣人、音楽仲間であるラリー・グラハムと一緒にオフィスでひと時を過ごした。

「プリンスはコラムを行ごとに大声で読んだ。」ウォルシュは思い出す。
「あの大きな目で私を見ながら言ったんだ。『インタビューやペイズリーパークのツアー、君の洋服の裾は望んでいない...』ここで私を見て、眉を上げた。私は言ったよ。「本当のことを言うと、君の洋服の裾が欲しい...」」
「プリンスとラリー・グラハムは笑いながら床に倒れてたね。オフィスには3人しかいなかった。」

この後2時間、3人の音楽ラバーズは人生やファンク、バスケットボールについて語り合った。


本ではP143〜P147に掲載されています。
ジムさん、かなり厳しくプリンスに苦言を呈しています。ここ数年のアルバムの曲は何だ。コンサートのパフォーマンスは何だ。懐メロ大会か、と。僕たちは待ってるんだよ、君の素晴らしい曲を、と。
でも、愛情が伝わってきます。プリンス、一瞬ムッとしただろうけど、嬉しかったかもしれない。。スターに物申す人なんてそういないだろうから。

ジムさんがプリンスに記事のことを怒ったか切り出そうとすると、「君は書きたいことを書けばいいんだよ。でも、若い子達が読んで、何度も繰り返して、信じちゃうから...ね。」とプリンス。

このコラム、涙出そうになりました。ミネアポリスの当時の音楽事情もわかるし、やはりこの本面白い。翻訳本出ないのかなぁ。。こういうのこそ皆に読んで欲しい。何なら翻訳するけど。出版社に持ち込めばいいのかしら?ジムさんに聞いてみよう💪

Kindle版もあります!

 

-------------------------------
(2月7日)

今日アマゾンから届いていました!

袋をビリビリっと破いて取りだしたところ、、
ん?思ったより薄い。。一瞬不安がよぎる...
お、紙質はいいぞ。フォントも読みやすい。ほどよい文字の大きさ。最近眼精疲労がすごいので.. さすがミネソタ大学出版の本だけある

早速内容をチェック!
続きを読む

みなさまへ


当ブログをお読みいただき、有難うございます。
今後、日々の情報はツイッターで発信しますので、ご了承くださいませ。 m(_ _)m 合わなければさっさとやめるかもしれませんが....

コラムの執筆(というか、ただの雑文や歌詞和訳は引き続き、ブログでおこないます。


今週から、プリンスの曲がラジオでガンガンかかっていますよね
ストリーミング配信がリリースされた効果でしょうか。

プリンスの胸中を考えると複雑な気持ちになりますが、、
多くの人に聞いてもらえるのは単純に嬉しいです!!

あとは、これ以上アーティスト達が安く買い叩かれることなく、良い作品にはそれに見合う対価が支払われることを祈ります。音楽配信や電子書籍を、単なるビジネスのプラットホームとしか考えていないITサービス企業もありそうなので...

グラミー賞でのブルーノ・マーズの追悼パフォーマンス、良かったですね ギターを弾けるなんて知らなかった...。でも、やっぱりプリンスはプリンス。あんなユニークな人ほかにいない。。

美しすぎるプリンス✨ これからもついて行きます!
placeholder-title














そのうち、#Prince  #プリンスでツイートしま〜す。
明日はゆづ!ファイティン💪



 

スコット・フィッツジェラルド


昨日もちらっと書きましたが、、
フィッツジェラルドの代表作『グレート・ギャツビー』は、現代アメリカ文学を代表する作品であり、アメリカの学校では課題図書に指定されているようですね。

これは読まねばと思い、村上春樹訳版とペンギンのパーパーバックを購入しました。原文と照らし合わせて翻訳の勉強をしよう 💦

主人公のギャツビーは若くして富を得て(成り上がり者)、大邸宅にたった一人で住み、夜な夜な豪華なパーティーを開く。その目的とは... 。そして皮肉な結末は。

ギャツビーが恋い焦がれる女性の名前はデイジー Daisy。はっ、またしても「Conditon Of The Heart」!! もしかして?? ちょっと無理があるかな... 続きを読む

Spotify バレンタインデーのプリンス・プレイリスト


Prince's Love Songs Valentine's Day Spotigy Playlist
 〜 JAMBASE  February 14, 2017

バレンタインデー仕様 プリンスのラブソング プレイリスト(20曲)です。
Spotifyはプレイリストが充実しているようですね。
Apple Musicは、AI(人工知能)ではなく、確か人間がプレイリストを作っていたように記憶しています。日本上陸当時、1ヵ月間試聴しただけですが。

プリンスのストリーミングPR(プリンスの楽曲ストリーミング・サービス一覧)
https://princejapan.lnk.to/streamingPR


Spo1














Spo2















(関連記事)
Spotify 日本上陸



MonoNeon 初のミュージックビデオをリリース


モノ様キターー

初MVだそうです。この個性、好っきやわぁ❤️

Prince Bassist MonoNeon Releases First Official Music Video
 〜  Okayplayer  February 14, 2016

今後日々の情報発信はツイッターを利用しようと思います。長文の記事掲載や歌詞和訳は引き続きブログで行います。いろいろ模索中でございます

(関連記事)
最後にレコーディングした曲『RUFF ENUFF』音源公開(更新)


アル・ジャロウ


そして、アル・ジャロウ  R.I.P.

伸びやかな声が好きです。昔はワーナーに所属していたのですね。
大学で心理学を学び、数年間はカウンセラーの仕事をしていたって...変わり種ですね。音楽が好きだったのでしょうね。

どストレートな選曲ですが...
続きを読む

クリスティーナ・リッチ主演『Z: The Beginning of Everything』


Happy Val
entine's Day!!

今週はプリンスのニュースが盛りだくさんですね。皆様チェックされているかと思いますので、別の話題を。少々プリンス疲れ気味...

Amazon Primeドラマで『Z: The Beginning of Everything』が始まりました。
クリスティーナ・リッチが F. スコット・フィッツジェラルドの奔放な妻、ゼルダを演じています。これは、、適役ではないでしょうか!!   写真見ただけでもピッタリ

Zelda Fitzgerald Lets It All Hang Out

 〜 New Yorker  January 30, 2017

Review: Christina Ricci is the reason to watch Amazon Prime's new biographial drama 'Z: The Beginning of Everything
 〜 Los Angeles Times  January 26, 2017

フィッツジェラルドは好きな作家の一人ですが、ミネソタ州セント・ポール出身だということを最近知りました。"Lost Generation(失われた世代)"を代表する作家。『グレート・ギャツビー』が有名ですね。過去に2度映画化され、主人公をロバート・レッドフォードとレオナルド・ディカプリオが演じています。両方とも配役がイマイチ...  
続きを読む
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • デルタ航空機内誌SKY「プリンス・トレイル」
  • Around The World In 80 Days
  • Around The World In 80 Days
  • ジャミロクワイのチケット本日発売→即完売
  • 『Gold Experience』Jim Walsh著 到着!(更新)
  • みなさまへ
  • スコット・フィッツジェラルド
  • Spotify  バレンタインデーのプリンス・プレイリスト
  • Spotify  バレンタインデーのプリンス・プレイリスト
  • アル・ジャロウ
  • クリスティーナ・リッチ主演『Z: The Beginning of Everything』
  • The Current: ミネソタの公共ラジオ局
  • 『La La Land』主演エマ・ストーンがタンバリンを叩いている映像
  • ホール&オーツ
  • 最強のふたり
Visitors
  • 累計:

問い合わせ(管理人のみ閲覧できます)

名前
本文
  • ライブドアブログ